ニュース
» 2020年11月20日 10時10分 公開

盛岡市、市庁の業務効率化に向けクラウド型RPAプラットフォームを採用

盛岡市は、RPAクラウド「Automation Anywhere Enterprise」を導入し、届け出書の入力や通知書の作成、出力などの定型業務を自動化して業務効率化を図った。今後、適用業務を拡大し、市民サービスの向上や政策業務の充実を目指す。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 オートメーション・エニウェア・ジャパンは2020年11月19日、岩手県盛岡市が同社のクラウド型RPA(Robotic Process Automation)プラットフォーム「Automation Anywhere Enterprise」を活用し、業務プロセスの自動化を同年9月から開始したと発表した。

 Automation Anywhere Enterpriseは、さまざまなビジネスプロセスを自動化するエンドツーエンドのRPAプラットフォーム。RPAとAI(人工知能)、機械学習、分析などを組み合わせた高度な自動化機能をクラウドネイティブで提供する。

 業務の自動化プロセスを担うbot(デジタルワーカー)は、ルールベースのタスクを自動化する他、非定型文書などを処理する認知(コグニティブ)機能を備えた「IQ Bot」も利用可能。botは、簡単な操作で誰でも作成できる他、事前構築済みのbotを利用することで、短期間での開発が可能になる。同社が運用するRPA botのマーケットプレース「Bot Store」では、1000以上のインテリジェントオートメーションのソリューションを利用できる。

RPAを市庁業務に順次適用 第1弾は?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ