ニュース
» 2020年12月24日 09時00分 公開

年に5メートルの積雪――生活支える除排雪作業、データで効率化へ 富良野市

富良野市は、除排雪作業の効率化に向け、IoTを活用した実証実験を実施する。除排雪車両に設置したGPS端末から収集する走行データや業務記録、天候データなどを「Oracle Autonomous Data Warehouse」と「Oracle Analytics Cloud」のデータ分析基盤で分析、可視化する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 日本オラクルは2020年12月23日、北海道富良野市が実施する「IoT除排雪効率化実証実験」におけるデータ分析基盤に「Oracle Autonomous Data Warehouse」と「Oracle Analytics Cloud」を導入したと発表した。

Photo 富良野市での除排雪作業の様子(出典:日本オラクル)

 年間降雪量が過去5年平均で550センチを超える富良野市では、市民が利用する生活道路の除排雪作業のニーズが高く、大きな予算を投じて対応しているが、除排雪作業の経験がある人材の不足、除排雪車両の維持や人件費などのコスト増加といった課題も生じている。

 除排雪作業は、除排雪車両の操作の習得だけでなく、地域の道路や気象状況の把握といった経験による知見も必要だ。また通常の除排雪作業は通勤/通学に支障のない早朝の短時間に行われるため、経験がある作業員による効率的な作業の実施が求められることがあるという。

専用のデータ基盤で除排雪作業の最適化を支援へ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ