ニュース
» 2020年12月23日 10時20分 公開

進む国内企業DX、世界に追い付くも「顧客エクスペリエンス」分野では大差――IDC

IDCの調査によると、国内企業のDX推進状況は、世界の動向に追い付いているものの、DXを顧客エクスペリエンスに役立てたり、デジタルを活用したビジネス拡大を目指したりといった姿勢には、世界の企業と差があることが分かった。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japan(以下、IDC)は2020年12月22日、デジタルトランスフォーメーション(DX)動向調査の国内と世界の比較結果を発表した。

 IDCでは、DXを実践している国内と世界の企業に対して、その実施内容、課題、KPI(重要業績評価指標)などをアンケート調査形式で質問する「IDC DX Sentiment Survey」を実施している。今回のレポートは、この調査結果から国内外の企業を比較するとともに、国内企業のDXの状況について分析したもの。今回は、2019年における世界の調査結果と2019年、2020年における国内の調査結果の3つを比較している。

DXの適用業務、日本と世界で最も差があるのは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ