ニュース
» 2021年03月03日 12時00分 公開

仕分け時間を最大50分の1に NECがAIで未整理データを自動分類するサービスを開始

NECは、大量の未整理データをAIで自動的に仕分けし、データ整理を支援するクラウドサービス「データ自動仕分けサービス」を発表。特別な知識やスキルがなくても3ステップで簡単にデータを分類して、データ分析の高速化/効率化やタイムリーなデータ活用が可能になる。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 NECは2021年3月2日、AI(人工知能)を活用して自動で未整理データを分類する「データ自動仕分けサービス」の提供を開始した。データの仕分けにかかる時間を最大50分の1に縮減するなど、高精度かつ効率的なデータ活用を支援する。

 データ自動仕分けサービスは、企業が持つ大量の未整理のデータと、分類したいカテゴリー情報を使って、AIが自動的にデータを仕分け、整理するクラウドサービスだ。

 AIでデータの仕分け作業を自動化することで、人手で行うと数時間〜数日かかる作業を大幅に縮減し、データ分析の高速化/効率化に貢献。簡単に効率良くデータを分類し、データ分析の頻度向上や鮮度の高いデータの活用を実現する。これにより、例えばマーケティングや営業施策、商品開発などにおけるタイムリーなデータ活用に基づくフィードバックが可能になる。

Photo 「データ自動仕分けサービス」の仕分け整理の概要(出典:NEC)

3ステップで未整理データを整理された価値あるデータに

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ