ニュース
» 2021年06月18日 10時00分 公開

中小企業の経営をAIで支援 大塚商会が分析サービス開始

大塚商会は、NEC、dotDataと共同開発した「大塚商会 dotData AI分析サービス」の提供を開始する。分析プロセスを自動化したAIソフトウェアを用いて、各種経営指標を迅速に分析する。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 大塚商会、NEC、dotDataは2021年6月17日、AIプラットフォーム「dotData」を活用して中堅中小企業の各種経営指標を分析するサービスを共同開発したと発表した。「大塚商会 dotData AI分析サービス」(以下、dotData AI分析サービス)として、大塚商会が2021年6月21日から提供を開始。併せて、中小企業診断士によるコンサルティングサービスもオプションとして提供する。

 同サービスにより、企業における潜在的な経営課題や事業課題をその根拠とともに発見でき、データドリブンな経営、事業判断の実現に貢献するとしている。

データを渡すだけで高度な分析結果を入手 その仕組みは?

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ