ニュース
» 2021年07月01日 12時10分 公開

IDCが国内アナリティクス/AIプラットフォーム市場の調査結果を発表 堅調の要因は

IDCによると、国内アナリティクス/AIプラットフォーム市場は2025年まで堅調な成長が続く見通し。デジタルシフトした消費者/ビジネスバイヤーの購買分析への対応や企業業績の分析、業務の自動化要求の増加、高精度な分析/認知のためのAI活用の進展などが促進要因となっている。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 IDC Japan(以下、IDC)は2021年6月29日、「国内アナリティクス/AI(人工知能)プラットフォーム市場」の2025年までの予測を発表した。

2020年は前年比12.1%増で堅調 市場の促進要因は?

 2020年の国内アナリティクス/AIプラットフォーム市場の実績は、ベンダー売上額ベースで前年比成長率12.1%増の1626億7500万円になったとIDCは推定している。

 2020年の同市場に対する新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の影響は、阻害要因よりも促進要因が大きく、市場は堅調に成長したとみている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

注目のテーマ