Digital Business +Design
ITmedia DX
特集
» 2021年11月22日 10時00分 公開

「EC普及で売り上げが伸びるのは実店舗」調査会社が発表した意外な未来予測

小売業界の今後を占う調査レポートが発表された。それによると、まことしやかに語られる「コロナ禍でeコマースが成長」という分析は正確ではない可能性が出てきた。最新調査に見るデジタル購買行動の真相は。

[Retail Dive]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

Retail Dive

 一般的に「コロナ禍を契機にeコマースが売り上げを伸ばした」と広く認識されているが、調査会社Forresterの新しいレポート「Forrester’s 2021 Customer Experience Index」(注1)を見るとその認識はやや間違っているようだ。

ForresterのWebページ

 消費行動を正確にとらえるならば「消費者がデジタルに精通しつつある」と考えた方が正しいようだ。例えば米国のeコマース利用者の半数以上が「(実店舗で買い物をしていた時には接触しなかったような)新しいブランドを試して楽しんでいる」という。また、63%の買い物客が、購入する前に複数の商品を比較検討しているという。

 では消費者の購買行動がオンライン一辺倒になるかというとそうではないようだ。

小売業の今後3年間の売上の7割超が実店舗で生まれる

© Industry Dive. All rights reserved.

Digital Business +Design

注目のテーマ