Digital Business +Design
ITmedia DX
ニュース
» 2022年06月21日 07時00分 公開

Snowflake、新アプリケーション群を発表 トランザクションデータの統合分析や開発者向け機能などをリリース

Snowflakeは、トランザクションデータと分析データを統合活用できる「Unistore」や、ネイティブアプリの開発や収益化が可能になるフレームワーク、Pythonのサポートを中心とした開発者向け機能などをリリースし、データプラットフォームを拡充した。

[金澤雅子,ITmedia]

この記事は会員限定です。会員登録すると全てご覧いただけます。

 Snowflakeは2022年6月14日(現地時間)、クラウドデータプラットフォーム「Snowflake」の新機能として、トランザクションデータを統合活用できる「Unistore」(ユニストア)、ネイティブアプリケーション開発し、収益化できる「Native Application Framework」(ネイティブアプリケーションフレームワーク)を発表した。併せてPythonのネイティブサポートなど、開発者向けの機能強化も発表した。

 Snowflakeプラットフォームは、データウェアハウス(DWH)やデータレイク、データ分析、データアプリケーション開発などの機能を単一プラットフォームで提供するSaaS(Software as a Service)型データ分析、活用プラットフォームサービスだ。同社はこれらを「データプラットフォーム」と呼んでいる。

Unistoreでトランザクションデータと分析データの統合分析が可能に

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

Digital Business +Design

注目のテーマ