ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  C

  • 関連の記事

「CentOS 7で始める最新Linux管理入門」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「CentOS 7で始める最新Linux管理入門」に関する情報が集まったページです。

人気連載まとめ読み! @IT eBook(30):
その場で試せるコマンドサンプル満載 「CentOS 7で始める最新Linux管理入門」電子書籍版
人気過去連載を電子書籍化して無料ダウンロード提供する@IT eBookシリーズ。第30弾では、Webサービスを提供していくために欠かせない「LAMP環境」の根元となるサーバOS「CentOS 7」の基礎知識と現場で役立つ管理方法のポイントをまとめた。(2017/7/31)

マストドンつまみ食い日記:
マストドン本、今度はソーテック社から
さくらインターネットの人が執筆した技術書。(2017/7/6)

CentOS 7で始める最新Linux管理入門(5):
管理負荷を低減する「OpenLMI」を理解する──Linuxシステム管理の標準化とはどういうことか
CentOS 7では、Linuxシステム管理インタフェースを標準化する「OpenLMI」が実装されました。インタフェースが統一されることで、ユーザーにはどんなメリットがあるのでしょう。OpenLMIで、管理負荷を低減させる運用方法を解説します。(2016/3/23)

CentOS 7で始める最新Linux管理入門(4):
ハマる前に理解する「Firewalld」の設定方法、「iptables」との違い
システム管理に関する部分が前バージョンから大きく変更された「CentOS 7」は、Linuxに慣れていても「ハマる落とし穴」が幾つかあります。今回は、CentOS 7で採用されたパケットフィルタリングのための新たな仕組みである「Firewalld」の基礎と運用方法を解説します。(2016/2/18)

CentOS 7で始める最新Linux管理入門(3):
CentOS 7のネットワーク管理「NetworkManager」を極める
「CentOS 7」は以前のバージョンからシステム管理に関する部分が大幅に変更されたため、「ハマる落とし穴」が幾つかあります。今回はネットワーク管理の仕組み「NetworkManager」の基礎から運用方法まで分かりやすく解説します。(2016/1/27)

CentOS 7で始める最新Linux管理入門(2):
CentOS 7のシステム管理「systemd」をイチから理解する
「systemd」は、Linuxの起動処理やシステム管理を行う仕組みです。systemdはinitの限界を克服するために作られた新しいシステム管理アーキテクチャで、CentOS 7でも用います。では、何が違うのでしょう。これまで使われてきた「init」と比較しながら、基礎と課題を解説します。(2015/12/24)

CentOS 7で始める最新Linux管理入門(1):
ここが変わったCentOS 7──「新機能の概要とインストール」編
「CentOS 7」を皆さんどれだけ理解していますでしょうか。CentOS 7は、以前のバージョンから使い勝手がかなり変わりました。本連載では、今さら聞けない/おさらいしたいというインフラエンジニアに向け、CentOS 7の概要と基礎から活用Tipsまでを紹介していきます。(2015/12/1)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。