ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ」に関する情報が集まったページです。

バイオと聞いて、鈴木史朗さんが司会にやってきた!:
「バイオハザード6」などの情報も、もりもりご紹介!――バイオハザード生誕15周年記念「バイオハザード プレミアムパーティー」
「バイオハザード」生誕15周年を記念し、盛大なプレミアムイベントを開催。最新作「バイオハザード6」などの情報が公開された、その様子をリポートする。(2012/1/21)

1位はやっぱりポケモン――「TSUTAYA」チェーンでの2010年ゲーム年間売上ランキング発表
ゲームのほかにCD/DVDレンタル・販売や書籍販売も手がける「TSUTAYA」チェーンが、今年10月までの年間売上ランキングを発表した。1位は誰もが予想通りの結果だが、それに続くタイトルは果たしていかに?(2010/11/15)

週間ソフト販売ランキング:
良作を見逃さないで
年度末ということもあり、これから4月まで(特に後半)、けっこう発売されます。(2010/1/21)

日々是遊戯:
「みんなのニンテンドーチャンネル」で伝説の老兵・鈴木史朗さんが「バイオハザード」の腕前を披露
大の「バイオハザード」ファンとして知られる、フリーアナウンサーの鈴木史朗さん。そんな鈴木史朗さんが最新作「バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ」をプレイしています。(2010/1/19)

「バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ」にコレクターズパッケージ追加
(2009/10/27)

CRI・ミドルウェアのInAppPRエンジン「CLOUDIA」をカプコンが導入
カプコンのiPhone/iPod touch向けアプリ「CAPCOM News」に、CRI・ミドルウェアのInAppPRエンジン「CLOUDIA」が導入された。iPhoneアプリの紹介だけでなく、カプコンのさまざまなタイトルを動画なども交えて紹介する。(2009/10/8)

App Town ニュース:
カプコンの新作ゲーム情報を収録した「CAPCOM News」
カプコンの最新ゲーム情報がアプリで確認できる──。「CAPCOM News」は、iPhone/iPod touch向けの“カプコンゲーム情報誌”だ。(2009/10/1)

TGS2009:
「戦国BASARA3」や「大神伝〜小さき太陽〜」などステージイベント盛りだくさん!――カプコンブース
「大神伝〜小さき太陽〜」や「ロスト プラネット 2」のプレイアブル出展が魅力のカプコンブース。ステージイベントも盛りだくさんで、今回はピックアップしたイベントを紹介していく。(2009/9/26)

なにこれTGS:
0.5秒でゾンビに変身! ナイスアイディアなゾンビTシャツ
カプコンの物販ブースで販売されていた「バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ」のTシャツ。実はある仕掛けが……。(2009/9/25)

TGS2009特集:
「東京ゲームショウ2009」に参加する前に知っておくこと
今年もゲームの祭典の季節がやってきました。まずは事前に予習しておきましょう。(2009/9/16)

アシュフォード家の秘密に迫る――「バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ」 絶海の孤島に潜む恐怖
(2009/6/22)

クレアのパートナーは少年スティーブ――「バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ」
カプコンが発売を予定しているWii新作タイトル「バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ」の最新映像が到着した。(2009/6/8)

「バイオハザード2」の悪夢がよみがえる――「バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ」
ラクーンシティの惨劇を体験したレオン&クレアのコンビがWiiで帰ってきた。ホラーガンシューティング「バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ」を動画で紹介。(2009/4/29)

「バイオハザード」シリーズの次回作について考えてみた
「バイオハザード5」の発売から2週間も経っていませんが……この後の展開が気になって仕方ありません。(2009/3/18)

さらなる闇を――ホラーガンシューティング「バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ」
カプコンは、Wii新作タイトル「バイオハザード/ダークサイド・クロニクルズ」の開発を決定したと発表。全世界同時にティーザー映像を公開した。(2009/3/13)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。