ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「ブライアン・ジョンソン ITILの文脈」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ブライアン・ジョンソン ITILの文脈」に関する情報が集まったページです。

ブライアン・ジョンソン ITILの文脈(3):
コンプライアンスとITILの本当の関係
短期集中連載でお届けするITIL執筆メンバーのブライアン・ジョンソン氏からのメッセージ。今回は最終回として、ITILとSOX法やコンプライアンス一般の関係、新たに登場したITILバージョン3の意義、どんな企業がどうITILの取り組みを始めるべきかについて語る(2007/5/31)

ブライアン・ジョンソン ITILの文脈(2):
ITILを本当に推進できるのはだれか
短期集中連載でお届けするITIL執筆メンバーのブライアン・ジョンソン氏からのメッセージ。第2回は、ユーザー、IT管理職、現場のIT管理者など、立場に応じて期待や意気込みがばらばらになりがちなITILの、本当の推進役はだれかを考える(2007/5/22)

ブライアン・ジョンソン ITILの文脈(1):
ITILはなぜあいまいなのか
「ITIL」という言葉に対する関心は、このところ大きな高まりを見せている。だが、ITIL書籍を読んでも、そのほかの参考書をめくっても、「どうも腑に落ちない」と感じる人々も少なくないはずだ。そんな人々に、ITIL執筆メンバーのブライアン・ジョンソン氏からのメッセージを短期集中連載でお届けする。第1回は、「ITILはあいまい、ソフトウェアにコストが掛かりすぎる」といった批判に答える。(2007/5/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。