ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「機械設計者のための樹脂流動解析入門」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「機械設計者のための樹脂流動解析入門」に関する情報が集まったページです。

機械設計者のための樹脂流動解析入門(番外編):
樹脂流動解析って、実際のところはどうなの?
脂流動解析を導入したばかりの企業と、導入して20年というベテランユーザー企業の事例を紹介する。(2010/12/6)

機械設計者のための樹脂流動解析入門(6):
成形要件のマトリクスで設計の方向を定めよう
機械設計者が樹脂流動解析を活用するうえで重要なポイントについて、例を引きながら再確認する。(2010/9/30)

機械設計者のための樹脂流動解析入門(5):
構造/樹脂流動連成で最適な形状を見つけ出す
樹脂成形品の構造解析では、成形過程の考慮が欠かせない。今回は連成解析について解説!(2010/8/31)

機械設計者のための樹脂流動解析入門(4):
繊維入り樹脂は充填パターンを意識しよう
特に繊維配向は、設計者にとってもなかなか理解しにくい部分。今回はそれを分かりやすく解説する。(2010/7/22)

機械設計者のための樹脂流動解析入門(3):
肉抜きでソリ変形をスッキリ解消
ソリ変形の発生は不均一な体積収縮が原因。つまり、モデル肉厚の不均一を解消すれば、大丈夫。(2010/6/18)

機械設計者のための樹脂流動解析入門(2):
会合角を心得て、ウェルドラインを緩和する
ウェルドラインは、設計の段階から対策ができるってご存じ? 樹脂の流れる角度を制御すればいいのだけど……。(2010/5/21)

機械設計者のための樹脂流動解析入門(1):
ためらい現象って、どうして起こるの?
今回は、金型の中で樹脂がスムーズに流れない理由についての解説。ゲートのそばなら、樹脂が流れやすいと思い込んでいない?(2010/4/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。