ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「産業制御システムのセキュリティ」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「産業制御システムのセキュリティ」に関する情報が集まったページです。

産業制御システムのセキュリティ:
工場のサイバー攻撃対策は境界防御から「ゼロトラスト」へ
大日本印刷は2021年9月1日、工場へのサイバー脅威に対するセキュリティ対策の考え方として、「ゼロトラスト」を紹介するセミナーを開催した。工場内外のネットワークにおける境界でマルウェア侵入を防ぐだけではなく、工場内での内部感染拡大を防ぐ仕組みが必要だという指摘があった。(2021/9/2)

産業制御システムのセキュリティ:
Moxaは「ネットワーク防御」で現場を守る、次世代産業用ファイアウォールを発表
Moxa Japanが次世代産業用ファイアウォール「EtherFire IEF-G9010シリーズ」を発表。工場など現場のサイバーセキュリティ対策で最適な「ネットワーク防御」に求められる最新の機能を搭載していることが特徴。新製品などの投入と併せて、日本国内の産業ネットワーク市場における事業展開も拡大していく方針だ。(2021/9/2)

産業制御システムのセキュリティ:
セキュリティ監視システムとオペレーションを組み合わせたサービスを提供
NECネッツエスアイは、セキュリティソリューションとオペレーションセンターを組み合わせた「産業セキュリティ運用サービス for トレンドマイクロEdgeFire/EdgeIPS」を提供開始する。(2021/9/1)

産業制御システムのセキュリティ:
東芝が制御システム向け脆弱性評価ツールを開発、オープンソース化で展開拡大へ
東芝と米国のPeraton Labsは、発電所や受変電設備、上下水道や交通、工場・ビル施設などで稼働する産業制御システムへのサイバー攻撃に対する脆弱性評価ツール「Automated Attack Path Planning and Validation(A2P2V)」を開発。「Black Hat USA 2021 Arsenal」で発表するとともに、オープンソースソフトウェアとして公開する。(2021/8/3)

産業制御システムのセキュリティ:
日立のサイバー防衛訓練サービスがリモートワークに対応「オンラインNxSeTa」へ
日立製作所は、同社の大みか事業所(茨城県日立市)や顧客の拠点などで実施してきたサイバー防衛訓練サービス「NxSeTA(Nx Security Training Arena)」について、リモート環境からの参加が可能な「オンラインNxSeTA」を2021年6月1日から提供すると発表した。(2021/5/25)

産業制御システムのセキュリティ:
スマート工場の約半分がサイバー攻撃で生産停止、その内4割以上が4日以上止まる
トレンドマイクロは2021年4月23日、日本、米国、ドイツの3カ国を対象とする「スマートファクトリーにおけるセキュリティの実態調査」の結果を発表した。本稿ではその内容を紹介する。(2021/4/23)

産業制御システムのセキュリティ:
狙われるIoT/OTデバイス、約5割がIoTデバイスのサイバー攻撃を経験
パロアルトネットワークスは2020年11月4日、国内企業におけるIoT(モノのインターネット)とOT(制御技術)デバイスのサイバーセキュリティ対策の実態を調査した「IoT/OTサイバーセキュリティジャパンサーベイ 2020年版」の調査結果を発表し、IoTセキュリティにおける対策について紹介した。(2020/11/5)

産業制御システムのセキュリティ:
産業用IoTゲートウェイが工場セキュリティの穴に、トレンドマイクロが警鐘
セキュリティベンダーのトレンドマイクロは2020年10月13日、スマート化された産業制御システムのサイバーセキュリティリスクを明らかにするために行った実証実験の結果について、メディア向けオンラインセミナーで発表。産業用IoTゲートウェイがセキュリティ対策の盲点となっている状況があることを紹介した。(2020/10/15)

産業制御システムのセキュリティ:
社内にマルウェアが常駐する製造業、セキュリティ対策は何から始めるべきか
製造業を取り巻くサイバー攻撃の脅威が増している。サイバーセキュリティ対策を講じる上で意識すべきポイントや課題点は何か。日立ソリューションズ セキュリティマーケティング推進部 部長の扇健一氏に話を聞いた。(2020/5/29)

産業制御システムのセキュリティ:
スマート工場を破る3つの攻撃箇所とは? 見過ごされたリスクと防御方法
トレンドマイクロは2020年5月18日、ミラノ工科大学と協力し2019年に約半年間かけて実施した「スマート工場に潜むセキュリティリスクの実証実験」の結果について、メディア向けのオンラインセミナーで説明した。(2020/5/19)

産業制御システムのセキュリティ:
工場を襲うサイバー攻撃の大半は“流れ弾”、トレンドマイクロが“おとり”調査
トレンドマイクロは2020年3月13日、2019年に5〜12月にかけて実施した「工場向けサイバー攻撃おとり調査」の結果についてメディア向けに発表した。本稿では、その内容を紹介する。(2020/3/16)

産業制御システムのセキュリティ:
IoT活用が進まない理由とは、ウフル八子氏の新会社とTeam Cross FAが連携対応
INDUSTRIAL-Xは、組み立て系やプロセス系の工場、物流倉庫、ビル向けに、ネットワークのグランドデザイン構築から各種フィールド領域のセキュリティシステムの実装、運用までのトータルセキュリティソリューションを提供する新会社「株式(2019/11/19)

産業制御システムのセキュリティ:
「工場の要塞化」を提案するトレンドマイクロ、持続性を確保する新製品を発表
トレンドマイクロは2019年11月12日、産業制御システム向けセキュリティ製品のラインアップを大きく拡充し、2020年1月14日から順次受注開始すると発表した。(2019/11/13)

産業制御システムのセキュリティ:
工場セキュリティで成長目指すMoxa、トレンドマイクロとの協業製品は2020年初投入
産業用ネットワーク技術などを展開する台湾のMoxaは、工場セキュリティを切り口とし、日本向けの提案を強化する。トレンドマイクロとの協業などを生かし、より簡単で便利な工場のセキュリティ対策を訴求する方針である。(2019/9/27)

産業制御システムのセキュリティ:
組み込みからPCまで大事な情報を保護、7000社以上の実績を持つウイブシステムズ
ドイツのWIBU-SYSTEMSは、2018年末に設立した日本法人を軸に、日本市場向けの取り組みを強化する方針を示した。主に産業オートメーション向けの領域に、同社のデータ保護、ライセンス管理などを実現するコピープロテクションツールである「CodeMeter(コードメーター)」の提案を進めていく。(2019/9/25)

産業制御システムのセキュリティ:
狙われる産業制御システム、ハッキングコンテストで攻撃者の知見を学ぶ
PwC Japanグループは2019年9月5日、「ICS(産業用制御システム)セキュリティ領域における攻撃者視点とその対策」をテーマにメディア向けセミナーを開催。ICS領域で増えつつある脅威シナリオやその対応策について解説がなされた。(2019/9/6)

産業制御システムのセキュリティ:
日立の工場IoTセキュリティサービスはBCPから、「WannaCry」の経験が生きる
日立製作所は、東京都内で開催した「日立セキュリティフォーラム2019」の展示コーナーで、工場IoTセキュリティに関する提案を行った。(2019/6/12)

産業制御システムのセキュリティ:
欧米注目の産業制御システムセキュリティの国際規格、ルネサスが認証取得を支援
ルネサス エレクトロニクスは、産業分野の組み込み機器向けプラットフォーム「RZ/G Linuxプラットフォーム」をベースに、産業制御システムセキュリティの国際規格であるIEC 62443-4-2の認証を短期間で取得できる「RZ/G IEC 62443-4-2 READYソリューション」を2019年12月末に提供開始すると発表した。(2019/3/27)

産業制御システムのセキュリティ:
2つの攻撃ベクトルから工場を守る、現場が使いやすいシンプルなセキュリティで
大手セキュリティベンダーして知られるシマンテックが、製造業の工場や重要インフラの施設に用いられる産業制御システム向けセキュリティソリューションを拡充している。2つの攻撃ベクトルにフォーカスするとともに、セキュリティに詳しくない現場の技術者にとって利用しやすいシンプルなソリューションに仕立てたことが特徴だ。(2018/12/27)

産業制御システムのセキュリティ:
イスラエル軍のセキュリティ技術を産業制御システムへ、CyberXが日本市場に注力
イスラエル発の産業制御システム(ICS)向けセキュリティベンダー・CyberXが日本市場における事業展開を本格化する。2018年3月に、日本の販売パートナーとしてインフォメーション・ディベロプメントと契約を結んでおり、2018年内には日本オフィスを開設する予定だ。(2018/5/30)

産業制御システムのセキュリティ:
インダストリー4.0時代のセキュリティ、専用ツールはまだまだ不足
シマンテックは「インダストリー4.0時代の製造業におけるサイバーセキュリティリスクと企業が行うべき対策」をテーマに説明会を開催。製造業のサイバーセキュリティ環境の動向と、中小製造業でもとり得る対応策について考えを述べた。(2018/2/19)

産業制御システムのセキュリティ:
製造業のセキュリティリスクは急増中? 調査から見える現状
製造業の現場でIoT(モノのインターネット)の活用が進む中、これまでとは違うセキュリティの脅威にさらされる機会が増加している。トレンドマイクロが実施した法人組織のセキュリティ実態調査を踏まえて、製造業のセキュリティ対策の現状を探る。(2017/11/17)

産業制御システムのセキュリティ:
産業用ロボットへのサイバー攻撃5つのパターンと対策
トレンドマイクロはミラノ工科大学と共同で、産業用ロボットへの不正アクセスの可能性を検証。損害を生みだす5つのパターンを確認した。(2017/7/11)

産業制御システムのセキュリティ:
ホンダの工場がランサムウェアの被害に、狙われたのは生産ライン制御のPC
ホンダの国内外の生産拠点が2017年6月18日、ランサムウェアによる攻撃を受けた。生産ラインを制御するシステムを扱うPCが被害に遭い、狭山工場(埼玉県狭山市)は6月19日に稼働を停止した。(2017/6/23)

産業制御システムのセキュリティ:
モノづくりの現場に即した制御システムセキュリティの在り方とは
JPCERTコーディネーションセンターが主催した「制御システムセキュリティカンファレンス 2017」の中から、モノづくりの現場に即した制御システムセキュリティ強化の取り組みについて解説した2つのセッションの模様を紹介する。(2017/3/16)

産業制御システムのセキュリティ:
PLCが人質に取られて脅迫される時代へ、IoTがもたらす産業機器の危機
JPCERT コーディネーションセンターと経済産業省は「制御システムセキュリティカンファレンス」を開催。高度化が進む、制御システムへの攻撃の事例を紹介した。(2017/2/22)

産業制御システムのセキュリティ:
国内の産業用制御システムは本当に安全か「海外の事例は対岸の火事ではない」
海外に比べ、国内の産業用制御システム(ICS)はセキュアなネットワーク構成を採用していることもあり、マルウェア感染をはじめとするインシデントが発生することはほとんどなかった。しかし、この現状に甘んじることなく、インダストリー4.0などのトレンドで外部と接続されることも視野に、対策を検討してほしいとJPCERT/CCは呼び掛ける。(2016/11/29)

産業制御システムのセキュリティ:
そのPLCの情報はネットで丸見え、工場に襲い掛かるサイバー攻撃の脅威
トレンドマイクロはIoTによりつながる世界に対し、サイバー攻撃のリスクとサイバーセキュリティの重要性を示すセミナーを開催した。(2016/6/22)

産業制御システムのセキュリティ:
工場の稼働をサイバー攻撃から守る! 制御システムセキュリティに新規参入
情報セキュリティベンダーであるカスペルスキーは新たに産業用制御システム向けのサイバーセキュリティサービスに参入することを発表した。(2016/5/26)

産業制御システムのセキュリティ:
東芝が産業制御機器向けIoTセキュリティでインテルと提携
東芝は産業制御機器向けのIoTにおけるセキュリティソリューションでインテルと協業することを発表した。(2015/9/17)

産業制御システムのセキュリティ:
工場やインフラのサイバーセキュリティ対策を支援
NECは、水道やガスなどの重要インフラやプラントなどの制御系システム領域のセキュリティのコンサルティングサービスの販売を開始する。(2015/8/19)

産業制御システムのセキュリティ:
工場の安定稼働が人質に! なぜ今制御システムセキュリティを考えるべきなのか
工場や発電所などで使われる制御システムのセキュリティが今脅かされていることをご存じだろうか。イランの核施設を襲った「Stuxnet」以来、各国の政府が対策を本格化させているが、日本における制御システムセキュリティ対策で重要な役割を担うのが制御システムセキュリティセンター(CSSC)だ。本稿ではCSSCの取り組みとその基幹施設であるテストベッド「CSS-Base6」の概要について紹介する。(2014/9/29)

産業制御システムのセキュリティ:
制御システム破りの“定石”、「Operation Dragonfly」がもたらす“真の脅威”
2014年6月に、欧州の電力会社に向けたサイバー攻撃が明らかになった。「Operation Dragonfly(オペレーションドラゴンフライ)」と名付けられた同攻撃は、イランの核施設のPLCを狙ったマルウェア「Stuxnet(スタックスネット)」以来となる制御システムを標的にした大規模攻撃だと注目を集めている。「Operation Dragonfly」の特徴とその“真の脅威”についてお伝えする。(2014/9/17)

産業制御システムのセキュリティ:
制御システムセキュリティを世界で主導、世界初のCSMS国際標準認証が始動
標的型攻撃などが活発化する中、制御システムを守るために企業運営の面から対策する制御システムセキュリティマネジメントシステム(CSMS)認証制度が始動した。同認証は、国際標準規格である「IEC62443-2-1」に準拠。認証制度が本格始動したことにより、三菱化学エンジニアリングと横河ソリューションサービスが、世界で初めて同認証を取得している。(2014/4/25)

産業制御システムのセキュリティ(6):
Windows XPサポート終了問題、移行しないとなぜ駄目なの?
日本マイクロソフトは、2014年4月9日に迫ったWindows XPのサポート終了に対するセキュリティリスクについて、経済産業省やセキュリティベンダー各社と説明を行った。(2014/2/13)

産業制御システムのセキュリティ(5):
事例から見る、製造現場でのセキュリティ導入の“ツボ”
増加する“制御システムを取り巻く脅威”に対し、制御システムセキュリティ対策が急務になっているが、そこには製造現場ならではの課題も多い。現場で実際に起こったセキュリティ事例から、製造現場でのセキュリティ導入の“ツボ”を考える。(2014/2/12)

産業制御システムのセキュリティ(4):
あなたの工場はこうやって襲われる! ――標的型攻撃の典型パターンとは?
JPCERT コーディネーションセンターと経済産業省は「制御システムセキュリティカンファレンス」を開催した。今回はその中から、最近のセキュリティ脅威の状況がどのように制御システムの危機につながるのか、仮想事例を基に分かりやすく紹介したJPCERTコーディネーションセンター 理事で分析センター長の真鍋敬士氏の講演内容をお伝えする。(2014/2/12)

産業制御システムのセキュリティ(3):
工場システムがネットで丸見え!? ――JPCERT/CCが訴える制御システムの危機
制御システムセキュリティへの危機感が高まっているが、製造業はどういう対策を取り得るだろうか。セキュリティの対策支援や啓蒙を行うJPCERT/CCは2012年に制御システムセキュリティ専門の対策チームを設立した。現状までの取り組みと狙いについてJPCERT/CC 常務理事の有村浩一氏に聞いた。(2013/12/17)

産業制御システムのセキュリティ(2):
マカフィーCTOが警鐘鳴らす制御システムの「無垢な無防備」
産業制御システムへのセキュリティが注目を浴びる中、セキュリティベンダーはこの動きをどう見ているだろうか。米国マカフィーで副社長兼CTOを務めるグレッグ・ブラウン(Greg Brown)氏と、副社長兼ワールドワイド・エンベデッド・セールスの責任者を務めるトーマス・ムーア(Thomas Moore)氏に製造業を取り巻くセキュリティ対策の課題について聞いた。(2013/11/13)

産業制御システムのセキュリティ(1):
ググるだけで水圧バルブを直接操作可能!? ――制御系システムの「危うい現実」
いま、製造業の世界で“セキュリティ”が注目されている。産業制御システムへのサイバー攻撃がニュースとなる中、制御系システムにおけるセキュリティの現状や「ネットの脅威」への対策などを、トレンドマイクロがまとめた調査レポートを基に紹介する。(2013/9/3)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。