ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

「ギャロップレーサー」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ギャロップレーサー」に関する情報が集まったページです。

ゲイムマンの「レトロゲームが大好きだ」:
「でろーんでろでろ」って何?
連載第80回にして、初めてテクモのゲームを取り上げます。プレイステーション初期にヒット作を次々とリリースした同社ですが、実はプレイステーション第1弾は、「でろーんでろでろ」なるソフトだったのです。(2009/11/16)

オンラインゲーム最新イベント情報:
秋の報酬
「エミル・クロニクル・オンライン」と「信長の野望 Online」で月見イベントが開催されます。(2008/9/3)

Gallop Racer ONLINE、サマージョッキーシリーズを開始
(2008/7/8)

「Gallop Racer ONLINE」人気馬投票がスタート
(2008/6/10)

「Gallop Racer ONLINE」でカムバックキャンペーンを実施
(2008/5/13)

「Gallop Racer ONLINE」公式サイトにFlashゲームが登場
(2008/1/25)

「Gallop Racer ONLINE」で「Lievoガールの○○○をあげちゃう!」イベントを開催
(2007/11/2)

「Lievo 1st アニバーサリー」でイメージガールのゲームイベントを開催
(2007/10/19)

祝「Lievo」サービス開始1周年――記念キャンペーンを実施
(2007/10/10)

テクモ、東京ゲームショウ2007出展タイトル&イベントスケジュールを発表
(2007/9/13)

「Gallop Racer ONLINE」、8月28日より正式サービスを開始
(2007/8/24)

「Gallop Racer ONLINE」、第3次オープンβテストを開始
(2007/6/22)

東京ゲームショウ2006:
やっぱり「DOAX2」で魅せる――テクモブース
テクモブースの一番の注目といえば、やはりXbox 360用ソフト「デッド オア アライブ エクストリーム2」。こちらのプレイリポートと合わせて、テクモブースの中身を紹介していく。(2006/9/24)

「ギャロップレーサー」が基本無料で楽しめる――オンラインゲームプラットフォーム「LieVo」誕生
本日開催の「テクモ プレスカンファレンス 2006 SUMMER」にて、テクモとSeedCが資本・業務提携を行い、両社共同で展開する次世代オンラインゲームプラットフォーム「LieVo」や、「コロボットアドベンチャー」など秋の新作が発表された。(2006/8/28)

「ギャロップレーサー8 ライヴホースレーシング」レビュー:
ディープインパクトの果たせなかった夢、アナタに託します
ジョッキーレースゲームの草分け的存在、テクモの「ギャロップレーサー」シリーズ。8作目となる今回は「テーマパーク」をキーワードにモデルチェンジ。あのディープインパクトももちろん登場する。(2005/12/27)

「ギャロップレーサー8 ライヴホースレーシング」発売日が12月15日に変更
(2005/11/24)

「ギャロップレーサー8 ライヴホースレーシング」発売日が12月8日に変更
(2005/11/7)

東京ゲームショウ2005――テクモブース:
テクモ板垣氏、自ら「NINJA GAIDEN Black」および「DEAD OR ALIVE 4」を紹介
テクモブース特設ステージで開催された新作タイトル発表イベントで、「モンスターファーム5 サーカスキャラバン」などの新作タイトルの発売日を発表。さらにTeam NINJA板垣氏自らNINJA GAIDEN BlackおよびDEAD OR ALIVE 4を紹介した。(2005/9/16)

東京ゲームショウ2005――テクモブース:
プレイステーション 2、PSP、Xbox向けのタイトルをプレイアブル展示
テクモブースでは、プレイステーション 2やPSP、Xbox向けなど、現世代ゲーム機向けの新作4タイトルをプレイアブル出展。Xbox 360ローンチタイトルとして期待されている「DEAD OR ALIVE 4」、モンスター育成ゲームの新作「モンスターファーム5 サーカスキャラバン」は映像出展だ。(2005/9/16)

テクモ、TGS2005出展予定タイトルを発表――「DEAD OR ALIVE 4」は映像出展のみ
(2005/9/12)

モンスターファームPOPがEZwebにも登場
(2005/5/9)

ボーダフォンの新サービス、こんなコンテンツが揃ってます
ボーダフォンが、夏モデルの「V602SH」「V601T」向けに新サービスを打ち出した。「着うた」「ケータイカラオケV-kara」「ムービー変装」「256KアプリVer.2」などだ。どんなコンテンツが用意されるかを紹介しよう。(2004/7/16)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。