ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「ITアーキテクチャ構築の勘所」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ITアーキテクチャ構築の勘所」に関する情報が集まったページです。

ITアーキテクチャ構築の勘所(6):
ITアーキテクチャ設計の反復と吟味
前回「製品/技術の適用と実現性の検証」までに、一通りのITアーキテクチャ設計ステップを紹介したが、それぞれのステップは独立して1回ずつ行えばよいというわけではない。前のステップの設計内容を受け継いで後続の設計を行い、設計結果を吟味して、必要に応じて前のステップの設計を見直すといった反復が、良いアーキテクチャ設計には欠かせない。(2006/4/14)

ITアーキテクチャ構築の勘所(5):
製品/技術の適用と実現性の検証
前回「配置設計の手順と注意点」までの、機能的なアーキテクチャ設計と配置設計によりITアーキテクチャの骨格は出来上がる。今回のステップでは、描いたITアーキテクチャに実際の製品や技術を当てはめ、性能を検討してITアーキテクチャの実現性を吟味する。ITアーキテクチャが「絵に描いたもち」にならないためには、マシンを用いて技術検証や性能測定を行うことも重要だ。(2006/3/3)

ITアーキテクチャ構築の勘所(4):
配置設計の手順と注意点
機能的なアーキテクチャ設計に続くITアーキテクチャ設計のステップは、配置設計である。ここでは、システムをどのようなトポロジーで構成し、機能をどのように配置するかを設計する。可用性、パフォーマンスといった非機能要件を適切に実現することが、このステップの設計目標だ。(2006/2/3)

ITアーキテクチャ構築の勘所:
第2回 アーキテクチャ要件の洗い出し
 ITアーキテクチャ設計の最初のステップは、アーキテクチャ要件の洗い出しである。ここで、アーキテクチャ決定に影響を及ぼす要件を的確に洗い出すことが、良いアーキテクチャ設計には欠かせない(2005/11/18)

ITアーキテクチャ構築の勘所:
第1回 アーキテクチャ設計の手順
 ITアーキテクトの役割は「ビジネスの要求に応える良いアーキテクチャを構築すること」だが、どのようにしたら良いアーキテクチャを構築できるのだろうか。本連載では、標準的なアーキテクチャ設計手順を提示したうえで、各ステップごとに良いアーキテクチャ設計を行うためのポイントを、例示していきたい。(2005/10/26)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。