ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  I

  • 関連の記事

「ITエンジニアのための経営戦略入門」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「ITエンジニアのための経営戦略入門」に関する情報が集まったページです。

ITエンジニアのための経営戦略入門(11):
事業戦略を学ぶ――まずは3Cモデルで現状分析
ユーザー企業がシステムの設計・開発を依頼するとき、そこには経営的な判断が存在する。顧客の「経営戦略」をとらえたうえでシステムを設計・開発できるITエンジニアになろう。(2011/8/18)

ITエンジニアのための経営戦略入門(10):
無駄に悪どいポチの提案から、もうけのコツを考える
ユーザー企業がシステムの設計・開発を依頼するとき、そこには経営的な判断が存在する。顧客の「経営戦略」をとらえたうえでシステムを設計・開発できるITエンジニアになろう。(2011/5/24)

ITエンジニアのための経営戦略入門(9):
売れない仏像の例え話から、“もうけ”とは何かを知る
ユーザー企業がシステムの設計・開発を依頼するとき、そこには経営的な判断が存在する。顧客の「経営戦略」をとらえたうえでシステムを設計・開発できるITエンジニアになろう。(2011/4/15)

ITエンジニアのための経営戦略入門(8):
「何を基準に、どの会社を買収するか?」を考える
ユーザー企業がシステムの設計・開発を依頼するとき、そこには経営的な判断が存在する。顧客の「経営戦略」をとらえたうえでシステムを設計・開発できるITエンジニアになろう。(2011/3/17)

ITエンジニアのための経営戦略入門(7):
事業ポートフォリオは「3つの視点」から考える
ユーザー企業がシステムの設計・開発を依頼するとき、そこには経営的な判断が存在する。顧客の「経営戦略」をとらえたうえでシステムを設計・開発できるITエンジニアになろう。(2011/2/17)

ITエンジニアのための経営戦略入門(6):
事業の経済性に影響を与える「5つの法則」
ユーザー企業がシステムの設計・開発を依頼するとき、そこには経営的な判断が存在する。顧客の「経営戦略」をとらえたうえでシステムを設計・開発できるITエンジニアになろう。(2011/1/7)

ITエンジニアのための経営戦略入門(5):
経営戦略にかかわる者の「3つの心得」
ユーザー企業がシステムの設計・開発を依頼するとき、そこには経営的な判断が存在する。顧客の「経営戦略」をとらえたうえでシステムを設計・開発できるITエンジニアになろう。(2010/12/7)

ITエンジニアのための経営戦略入門(4):
経営戦略が導くゴール=経営理念
ユーザー企業がシステムの設計・開発を依頼するとき、そこには経営的な判断が存在する。顧客の「経営戦略」をとらえたうえでシステムを設計・開発できるITエンジニアになろう。(2010/11/9)

ITエンジニアのための経営戦略入門(3):
「戦略眼」に不可欠な4つの思考法
ユーザー企業がシステムの設計・開発を依頼するとき、そこには経営的な判断が存在する。顧客の「経営戦略」をとらえたうえでシステムを設計・開発できるITエンジニアになろう。(2010/10/12)

ITエンジニアのための経営戦略入門(2):
フレームワーク――物事を分けて考えよう
ユーザー企業がシステムの設計・開発を依頼するとき、そこには経営的な判断が存在する。顧客の「経営戦略」をとらえたうえでシステムを設計・開発できるITエンジニアになろう。(2010/9/8)

ITエンジニアのための経営戦略入門(1):
経営戦略は「持続的な競争優位を築く」ためにある
ユーザー企業がシステムの設計・開発を依頼するとき、そこには経営的な判断が存在する。顧客の「経営戦略」をとらえたうえでシステムを設計・開発できるITエンジニアになろう。(2010/8/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。