ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「モレックス」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「モレックス」に関する情報が集まったページです。

Smart Sensing 2019:
マウザー、マクニカと連携し「モノづくり」支援
Mouser Electronics(マウザー エレクトロニクス)は、「Smart Sensing 2019」で、マクニカと共同運営する半導体・電子部品の通販サイト「マクニカ・マウザー」の概要を紹介するとともに、関連するサプライヤーがセンサー製品などを展示した。(2019/6/10)

日本モレックス FBH2シリーズ:
接続信頼性に優れた0.50mmピッチコネクター
日本モレックスは、0.50mmピッチのFFC、FPCコネクター「FBH2」シリーズを発表した。バックフリップ型ロック機構により、電気的にも機械的にも優れた接続信頼性を発揮する。(2019/6/10)

日本モレックス IP20アンマネージドイーサネットスイッチ:
PROFINET対応イーサネットスイッチ
日本モレックスは、産業用イーサネットPROFINET対応の「IP20アンマネージドイーサネットスイッチ」を発表した。IP20規格に準拠し、工場や現場など厳しい作業環境での使用に適している。(2019/5/28)

日本モレックス CP-6.5:
極性キー機能と色で誤嵌合を防ぐコネクター
日本モレックスは、極性キー機能と色展開によって誤嵌合を防止する電線対基板用コネクターシステム「CP-6.5」に、4極および6極製品を追加した。嵌合ミスを防ぐことで品質安全性が向上し、コスト低減にも貢献する。(2019/5/14)

日本モレックス SlimStack FSB5シリーズ:
0.40mmピッチ基板対基板用コネクター
日本モレックスは、フローティング機構を搭載した、0.40mmピッチ基板対基板用フローティングコネクター「SlimStack FSB5」シリーズを発表した。基板実装時に生じる縦横方向の誤差を吸収し、基板の損傷や不具合を防止する。(2019/4/1)

FAニュース:
最小AWG50の極細電線を自動ではんだ付けする技術
日本モレックスは、極細電線を自動ではんだ付けする技術「マイクロターミネーション」を発表した。品質が安定して量産性が向上する他、これまでは難しかった端子の取り外しが可能で、ASICへの直接接続にも応用できる。(2019/3/7)

FAニュース:
センサーの新ラインアップでIoTソリューションプロバイダーとしての基盤強化
日本モレックスは、Contrinex製のセンサーをラインアップに追加し、IoT向けソリューションを強化する。FA分野向けに強いセンサーの顧客提案を通じ、IoTソリューションプロバイダーとしての基盤強化を図る。(2019/3/1)

日本モレックス OptoHD、OptoDP、OptoUSB:
最長100m伝送できる光ケーブルアセンブリ
日本モレックスは、最長100mの長距離伝送を可能にし、高解像度の非圧縮データを伝送できる「アクティブ光ケーブルアセンブリ」を発表した。インタフェース別に、「OptoHD」「OptoDP」「OptoUSB」の3種類をそろえた。(2019/2/26)

FPCインターポーザを利用:
モレックス、極細電線のはんだ付けを自動化
日本モレックスは、最小50AWG規格の極めて細い電線を、自動ではんだ付けする技術「マイクロターミネーション」を発表した。(2019/2/21)

日本モレックス SlimStack FSR1シリーズ:
1.25mmピッチ基板対基板用フローティングコネクター
日本モレックスは、1.25mmピッチ基板対基板用フローティングコネクター「SlimStack FSR1」シリーズを発表した。大きなフローティング幅により、嵌合(かんごう)時の誤差やズレを吸収するため、組み立て工程を簡略化できる。(2019/2/7)

日本モレックス:
嵌合時の誤差やズレを吸収、1.25mmピッチ基板対基板用フローティングコネクター
日本モレックスは、1.25mmピッチ基板対基板用フローティングコネクター「SlimStack FSR1シリーズ」を発表した。(2019/1/31)

知財ニュース:
イノベーションは特許活用がカギ、ホンダが知財戦略を語る
クラリベイト・アナリティクス(Clarivate Analytics)は2019年1月23日、世界で最も革新的な企業100社「Derwent Top 100 グローバル・イノベーター 2018-19」を選出したと発表した。8回目となる今回は日本企業が39社受賞し、前回に続き日本が世界最多受賞国となった。(2019/1/24)

日本モレックス:
4G/Wi-Fi/GPSの無線信号3種に対応する車載用「3-in-1 外付けアンテナ」
日本モレックスは、1台で3種の無線信号(4G、Wi-Fi、GPS)をカバーできるIP66規格準拠の車載用「3-in-1 外付けアンテナ」を発表した。(2019/1/17)

日本モレックス:
高速データ伝送の要求に応えるUSB Type-Cコネクター/ケーブル製品ファミリー
日本モレックスは、最大10Gbpsの伝送速度をサポートし、高速データI/Oアプリケーションに堅牢かつ高信頼な接続性を提供する、USB Type-Cコネクターおよびケーブル製品ファミリーを発表した。(2018/12/11)

日本モレックス 2.2-5 RFコネクターシステム:
6GHz対応、低PIMの小型RF同軸コネクター
日本モレックスは、最大6GHzの周波数に対応する、小型RF同軸コネクター「2.2-5 RFコネクターシステム」を発表した。IP68、NEMA規格に準拠し、電気性能と堅牢性を兼ね備えていることから、ネットワーキング、屋外基地局用途に適している。(2018/11/29)

日本モレックス D-Subアース用コネクター:
IP66、67準拠のアース接続用コネクター
日本モレックスは、安全で確実なアース接続ができる、IP66、IP67準拠の「D-Subアース用コネクター」を発表した。厳しい環境下でも迅速に導入でき、低インピーダンスのアース接続によって、各種機器をストレイ電圧から保護する。(2018/9/19)

日本モレックス:
過酷な環境下での使用に最適なIP66/IP67準拠の「D-Subアース用コネクター」
日本モレックスは、過酷な環境下において特殊な工具や訓練を必要とせず、安全で確実なアース接続を実現できるIP66/IP67準拠の「D-Subアース用コネクター」を発表した。(2018/9/11)

設計現場のリードタイム短縮が重要:
自動車開発をより早く、効率的に――マウザーの提案
Mouser Electronics(マウザー エレクトロニクス/以下、Mouser)は、「第1回名古屋オートモーティブワールド」(2018年9月5〜7日、ポートメッセなごや)に出展し、同社が取り扱う車載関連製品の展示を行った。(2018/9/10)

日本モレックス 146200、204774:
高性能MIMO用セルラーセラミックアンテナ
日本モレックスは、高性能MIMOアプリケーションをサポートする、小型セルラーセラミックアンテナ「146200」「204774」を発表した。最大2.7GHzまでの高周波数帯域動作に対応する。(2018/8/30)

IP67規格に準拠:
日本モレックス、1.80mmピッチ防水型「Squba電線対電線用コネクター」を発表
日本モレックスは、最大6.0Aの電流に対応し、IP67規格に準拠する「Squba防水型電線対電線用コネクターシステム」を発表した。(2018/8/23)

日本モレックス:
ウェアラブル端末などのドッキング型充電器に適した接点部品「Contact Pucks」
日本モレックスは、モバイル機器やウェアラブル端末のドッキング型充電器向けの接点部品「Contact Pucks」を発表した。(2018/8/20)

日本モレックス Contact Pucks:
接触面が極めて平坦な充電器向け接点部品
日本モレックスは、モバイル機器やウェアラブル端末のドッキング型充電器向け接点部品「Contact Pucks」を発表した。極めて平坦な金メッキを施した接触面が、接続性や導電性において優れた性能を発揮する。(2018/8/16)

0.7mm厚のシート形状:
モレックス、薄型・柔軟なフィルム型バッテリー「Thin-film Battery」を発表
日本モレックスは、ウェアラブル電子機器や電子タグなどの用途に最適な、薄型で柔軟性に優れたフィルム型バッテリー「Thin-film Battery」を発表した。(2018/8/6)

ウェアラブル機器へ容易に内蔵:
モレックス、0.7mm厚で柔軟性のあるバッテリーを発表
日本モレックスは、ウェアラブル電子機器や電子タグなどの用途に向け、薄型で柔軟性に優れたフィルム型バッテリー「Thin-film Battery」を発表した。(2018/7/25)

エレメーカーが展望する車の未来:
「空飛ぶ車」も現れる時代、モレックスの攻め方を聞く
Molexは、各種接続システムを提供する総合電子部品メーカーだ。同社日本法人である日本モレックスで社長を務める梶純一氏に、将来の自動車の姿と同社の車載事業戦略を聞いた。(2018/7/9)

日本モレックス Micro-Lock Plus:
高温でも接続信頼性の高い電線対基板コネクター
日本モレックスは、105℃の高温環境下でも、電気的、機械的に高い接続信頼性を発揮する電線対基板用コネクターシステム「Micro-Lock Plus」を発表した。1.25mmピッチのコンパクトサイズと高い接続信頼性を両立している。(2018/5/2)

日本モレックス SEARAYシリーズ:
高速データが転送可能なメザニンコネクター
日本モレックスは、高速データ転送が可能な、低背型メザニンコネクターファミリー「SEARAY」および「SEARAY Slim」を発表した。コンパクトながら最大12.5Gビット/秒(Gbps)の高速データ転送を実現する。(2018/4/13)

MSI、マイニング向けの独自機能も備えたB360チップセット採用マザーなど2製品
台湾MSIは、多数のグラフィックスカードを装着可能なマイニング向けATXマザーボード計2製品「B360-F PRO」「H310-F PRO」を発表した。(2018/4/9)

日本モレックス Pico-EZmate Slim:
嵌合高さ1.2mmの電線対基板コネクターシステム
日本モレックスは、垂直嵌合(かんごう)のニーズに対応する、電線対基板用コネクターシステム「Pico-EZmate Slim」を発表した。嵌合高さ1.2mmの低背設計により、狭小空間での組み立て時間を短縮できる。(2018/1/22)

日本モレックス USBスマート充電モジュール:
車内での高速充電に対応するUSB充電モジュール
日本モレックスは、車載向けの「USBスマート充電モジュール」に、車内での高速充電に対応するシングルおよびデュアルポートモデルを追加した。2.4Aの高い出力電流と9〜16Vのバッテリー作動電圧に対応する。(2017/12/27)

曲面タッチスイッチにも対応:
モレックス、PEDOT透明導電センサーを発売
曲面形状の静電容量式タッチスイッチに、バックライト機能を持たせることができるPEDOT透明導電センサーを日本モレックスが2017年8月、発表した。(2017/8/8)

電子ブックレット:
スマホに次ぐ成長分野を、日本モレックスの挑戦
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、コネクターやハーネス品などを提供する総合メーカー、Molexの日本法人である日本モレックスの事業戦略を紹介する。(2017/8/6)

人とくるまのテクノロジー展 2017:
FAKRA規格準拠で軽量化を実現するコネクター、コスト低減にも貢献
日本モレックスは、「人とくるまのテクノロジー展 2017」に出展し、FAKRA規格に準拠しながら金属部分を低減して軽量化を実現した「FAKRA Stamped-Body コネクター」など車載用コネクター製品群を紹介した。(2017/6/13)

日本モレックス:
NanoMQSやAKに対応、車載向けコネクターシステム
日本モレックスは、車載インフォテインメントシステムなど向けにコネクターシステムを発表した。0.50mmと1.20mm端子を備え、NanoMQSやArbeitskreis仕様に対応するという。(2017/1/17)

電子ブックレット:
複雑な3D形状にパターン形成する「MID」とは?
EE Times Japanに掲載した記事を読みやすいPDF形式の電子ブックレットに再編集した「エンジニア電子ブックレット」。今回は、複雑な3D形状にパターンを形成する技術「MID」を紹介します。(2017/1/15)

UL 94V-0準拠の難燃性能:
最大40GHzまで性能を発揮するノイズ抑制シート
日本モレックスは、最大40GHzまでの高周波ノイズ抑制性能を発揮するノイズ抑制シートを発表した。樹脂に導電フィラ―を含有することで高周波の電磁気エネルギーを吸収できるという。(2017/1/6)

日本モレックス Mini50:
非防水型の電線対基板コネクターの製品を拡充
日本モレックスは、小型電線対基板コネクターの製品ラインアップを拡充し、極数の異なる5製品を追加した。より小型のピンおよび端子を利用し、狭いスペースへの実装を可能にするという。(2016/12/28)

単品からソリューションの提供へ:
スマホに次ぐ成長分野を、日本モレックスの挑戦
コネクターやハーネス品などの各種接続システム提供する総合メーカーのMolex(モレックス)。売上高では業界トップクラスを誇るが、スマートフォン市場の成長率鈍化などを背景に、新たな成長のけん引役が求められている。そこで、Molexの日本法人である日本モレックスでマイクロソリューションズ事業統括本部長(MSBU)を務める長田和清氏に、今後の戦略について聞いた。(2016/12/2)

日本モレックス Ditto 電線対電線用コネクター:
雌雄同形の相互接続システムを採用した低電流の中継接続用途向けコネクター
日本モレックスは、家電や照明機器など、低電流の中継接続用途向けに「Ditto 電線対電線用コネクター」を発表した。(2016/9/12)

日本モレックス Ditto電線対電線用コネクター:
雌雄同形のコネクター、コスト低減に貢献へ
日本モレックスは、家電や照明機器など低電流の中継接続用途向け「Ditto電線対電線用コネクター」を発表した。雌、雄の区別がない相互接続システムのため、1種類のコネクターで相互接続ができる。(2016/9/7)

日本モレックス Flexi-Latch:
過酷用途に最適な2.00mmピッチFPC対基板コネクターシステム
日本モレックスは、2.00mmピッチFPC対基板コネクターシステム「Flexi-Latch」を発表した。(2016/9/2)

モレックス Flexi-Latch:
過酷用途対応の2mmピッチFPC対基板コネクター
日本モレックスは、自動車照明や家電、各種産業分野での過酷用途において、確実な嵌合(かんごう)と優れた省スペース性およびコスト効率性を発揮する、2.00mmピッチFPC対基板コネクターシステム「Flexi-Latch」を発表した。(2016/8/31)

モレックス Micro-Fit TPA 1列リセプタクル:
ハウジングとTPAを一体化したリセプタクル
日本モレックスは2016年8月、ターミナル位置固定機構とハウジングを一体化したワンピース型の新製品「Micro-Fit TPA 1列リセプタクル」を発表した。端子の確実な位置決めと二次ロック機構を搭載しており、端子脱落を低減。製品不良の防止に貢献するという。(2016/8/22)

スマホのアンテナなどで活用:
複雑な3D形状にパターン形成する「MID」とは?
「MID」と呼ぶ、複雑な3D形状にパターンを形成する技術があるらしい。しかし、調べても調べても詳しい情報がなかなか出てこない。そこで、MID技術を用いたアンテナなどを展開するモレックスに、「MIDとは」「メリットは何なのか」「どんな製品に応用されるのか」について話を聞いた。(2016/8/2)

産業用ネットワーク:
IoT時代に向けお手軽な「CC-Link IE」規格、100Mbpsの汎用イーサネットを活用
CC-Link協会は、イーサネットベースの統合ネットワーク「CC-Link IE」の新規格として、100Mbpsの汎用イーサネット通信を用いたオープンフィールドネットワーク「CC-Link IEフィールドネットワークBasic」を追加した。(2016/8/1)

アールエスコンポーネンツ USB Type-C:
USB Type-C対応コネクター関連製品の取り扱いを強化
アールエスコンポーネンツは、Molex(モレックス)の最新USB Type-Cコネクターおよびケーブルアセンブリの取り扱い開始を発表した。(2016/8/1)

産業用IoTを支えるオープンネットワーク:
IO-Linkモジュール、PROFINETに対応
日本モレックスは、「産業オープンネット展2016」で、産業用イーサネット「PROFINET」に対応したIO-Linkモジュールを展示した。(2016/7/29)

メルマガバックナンバー:
モノづくり総合版 メールマガジン 2016/07/07
「EE Times Japan」「EDN Japan」「MONOist」編集部が毎週木曜日にお届けしている『モノづくり総合版 メールマガジン』の内容をご紹介!(メルマガ配信日:2016年7月7日)(2016/7/8)

MEDIX2016:
極細電線を100μmピッチ以下ではんだ付け、日本モレックスが2016年内に生産開始
日本モレックスは、「第7回 医療機器 開発・製造展(MEDIX2016)」において、100μmピッチ以下の間隔で複数本の極細線をはんだ付けする「Micro Termination技術」を披露した。既に大和技術センター(神奈川県大和市)で顧客評価が可能な状態にあり、2016年内に同技術を用いた受託生産を国内工場で行う体制が整う計画だ。(2016/7/1)

「コネクター単体だけでなく、ソリューションを」:
モレックス、静電容量方式による液面センサー展示
日本モレックスは、「第7回 医療機器 開発・製造展」で、静電容量方式を用いた液面センサーを展示した。同社は、「コネクター単体での提供よりも、モジュールやケーブルなどを組み合わせたソリューションとして展開することが、より顧客にとっての価値になると考えている」と語る。(2016/6/27)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。