ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NECソフト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NECソフト」に関する情報が集まったページです。

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(78):
あるエンジニアの死
心臓に疾患を持つ女性エンジニアが、致死性不整脈で亡くなった。直近の残業時間は、月間21時間。彼女の死の責任は、誰にあるのか――。(2020/7/13)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(77):
「退職するなら、2000万円払ってね」は、本当に会社だけが悪かったのか
課長が顧客と約束した打ち合わせや講習会やサポートをサボって、発注額が少なくなりました。これ、おとがめなしなんですか?(2020/7/1)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(76):
似たようなデータベース作ったからって、泥棒よばわりするのやめてもらえません?
私がおたくのデータベースをパクったですって? いやいや、こんなもん誰が作っても同じものになるでしょ。(2020/5/8)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(75):
あなたの能力も態度も信用できません
スケジュールは守らないわ、追加請求を繰り返すわ、不具合は増え続けるわ――あなた、それでよく「プロ」のベンダーだといえますね。(2020/3/26)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(74):
退職するなら、2000万円払ってね
お前がクレームばかりくらうから、売り上げが減ってしまったじゃないか。退職するならマイナス分を請求するからな!(2020/2/10)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(73):
派遣は工程表を作っちゃダメなんですか!?
元請けにつるっと丸投げされた下請け企業。身を守るために自主的に工程を管理していたことがあだとなり――。(2020/1/14)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(72):
最後の不具合が除去されるまで、働き続けてもらいます
請負契約だけど、作業指示は出しますよ。あと「動作保証されている」と私が認めるまでは、支払いはしませんよ。だって、こちとら発注者様ですからね!(2020/1/7)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(最終回):
1億2000万円を着服しようとしたのは誰だ!――仁義なき戦い 大連謀略編
オンラインショップ開発頓挫の裏には、経営陣の覇権争いがあった! 老舗スーパーマーケットチェーンを舞台にした、システムと人間のトラブル模様を描く「コンサルは見た! Season4」、いよいよ全ての謎が解き明かされる――。(2019/12/19)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(11):
わざとハリボテのシステムを発注しましたね――黒い三人の男
社長退任を迫る前社長の出現に荒れる「ラ・マルシェ」の役員会議。腹心の部下を後任に据えようという前社長の提案に「待った」をかけたのは、われらが江里口美咲だ!(2019/12/12)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(10):
そろそろ銀行に帰ったらどうかね?――二代目はテクニシャン
「スマホ・デ・マルシェ」開発頓挫の裏には、質の悪いシナリオがありそうだ。美咲と白瀬は調査のために「アクセル乳業」を訪ねる。同じころ、ラ・マルシェの社長のもとに、招かれざる客が訪れていた。(2019/12/5)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(9):
不自然なことの裏には、下手くそなシナリオライターがいるのよ――三文オペラ
「ラ・マルシェ」から相談を受けた美咲と白瀬は、同社に1億6000万円を請求した「ルッツ・コミュニケーションズ」を訪問した。そこで彼らが目にした、数々の不審な点とは……。(2019/11/28)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(71):
リバースエンジニアリングしたけど、もうけてないから問題ないでしょう?
依頼主が作成したプログラムをリバースエンジニアリングして改修したエンジニアが訴えられた。僕、何か悪いことしましたか?(2019/11/18)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(7):
ユーザーの信義則違反で訴えてやる!――ベンダーの不自然な行動
開発は進んでいるのに、契約はまだ締結できない。そんな状態が2カ月もたったある日、オンラインショップ「スマホ・デ・マルシェ」開発ベンダーから、1通の内容証明郵便が送られてきた。(2019/11/14)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(6):
ベンダーは見つからないって言ったじゃないか!――ふたりはライバル
営業主導で動いているオンラインショップ開発の企画にぶつけるように、情シスは独自の企画を役員会議で提案した。しかも、既にベンダーも決まっているという──羽生、俺をだましたのか?(2019/11/7)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(5):
契約前作業なんて当たり前?――常務は分かってくれない
オンラインショップ「スマホ・デ・マルシェ」の開発が始まって、早2カ月。開発は順調に進んでいるが、契約がまだ結ばれていないことが発覚した。担当の小塚は、承認を止めている総務担当常務に手続きを進めてくれるようお願いしに行くが……。(2019/10/31)

不具合大量発生中なのに:
営業はなぜ「お任せください」と約束してしまうのか
エンジニアはプロマネに、プロマネは顧客に、なぜ「助けてください」と言わないのだろう?――IT“業界”解説シリーズ、第6弾はベンダーの営業やプロマネの安請け合いを考えます。(2019/10/28)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(4):
営業部のEUCだけど、契約だけ情シスでやれってこと?――情シスはつらいよ
オンラインショップをオフショアで開発することにした、老舗スーパーマーケットチェーン「ラ・マルシェ」。開発は順調に進んでいたが、その裏では不穏なうわさが食品業界を飛び交っていた……。(2019/10/24)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(3):
君はライバルに協力するのかい?――ベンダーを探せ!
営業部門の発案でオンラインショップを作ることになった、老舗スーパーマーケットチェーン「ラ・マルシェ」。仕事を依頼できるベンダーに心当たりのない担当者は、情シスの同期に協力を仰ぎに行くが……。(2019/10/17)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(2):
ITを無視していては、経営が破綻します――業績傾き掛けのオレンジ
時代に取り残されつつある老舗高級スーパーマーケットチェーンを引き継いだ47歳の新社長は、観光客誘致、キャッシュレス決済導入、と施策を次々に繰り出した。次に着手するのは……ITだ!(2019/10/10)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(1):
裏切りの情シス
小塚と羽生――同期入社の2人を引き裂いたのは、大手高級スーパーのIT化を巡る政治と陰謀だった。「コンサルは見た!」シリーズ、Season4(全12回)のスタートです。(2019/10/3)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(70):
運用保守契約は永遠です
契約が更新されなかったからとブチ切れる運用保守業者 vs. 大きな案件があるかもしれないと口走ってしまった発注者。正しいのはどっちだ!(2019/9/30)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(69):
うまくいってもいかなくても、お金はください
初期費用を負担する代わりに、売り上げに応じて永久にチャリンチャリン。レベニューシェア型契約は、ベンダーにとっておいしい話か、否か──。(2019/9/9)

本業が忙しいから、お手伝いはできないよ:
ユーザーはなぜ、自社のシステム開発に協力しないのか
「受け入れテストのデータを作ってください」「ウチがやるの?」――IT“業界”解説シリーズ、第4弾はユーザー企業の「なぜ?」を解説します。(2019/8/26)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(68):
親会社の意向なので開発中止します。もちろんお金も払いません
いやー、ごめんごめん。親会社から突然ストップがかかっちゃってさあ。うちら現場としてはやる気満々なんだけど。悪いけど、この話なかったことにしてくれる?(2019/7/8)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(67):
丸投げしたんだから、頑張ってくださいよ(作業量は増えたけどね)
下請けに丸投げした作業の工数が当初見積もりの6.4倍にまで増えてしまった。下請けの追加費用支払い要請に応じるか、契約を結び直すか――どうする、元請け!(2019/6/24)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(66):
繁忙期に打ち合わせを設定するなんて非常識じゃないですか!
遅れたスケジュールを取り戻すために、仕切り直しスケジュールを提示したベンダー。しかしそれは、顧客の業種の特性を無視した自分勝手なものだった――。(2019/6/3)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(65):
パッケージソフトだか何だか知りませんが、現行システムと同じの作ってくださいよ
要件定義されていない機能を実装しなかったと訴えられたベンダー。ユーザーは要件定義書に「現システムの業務内容を継承」「現状の機能を網羅する」と書いたと主張するが、果たしてこれらは要件記述となり得るのか?(2019/5/8)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(64):
損害は8500万円以上ですが、「責任限定条項」があるので500万円しか払いません!
見積もりでは500万円だったけれど、要件の追加がかさみ8500万円規模になったシステム開発プロジェクトが頓挫。本当の損害額は、おいくら???(2019/4/2)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(63):
契約以上のオーダーもするし、検収もするよ。だって「定額働かせ放題」だもんね
契約は保守だけど、追加開発もしてもらいたいし、その分は検収もしたい。でも、追加料金は払いたくない。これってワガママですか?(2019/3/11)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(62):
キックオフ? やってませんよ。あれは単なる“お打ち合わせ”です
キックオフもしたし、メンバーも調達したし、作業も着手している。なのにプロジェクト延期だなんて、許せない!――IT訴訟事例を例にとり、システム開発にまつわるトラブルの予防と対策法を解説する人気連載。今回のテーマは「契約前作業」だ。(2019/1/31)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(61):
俺、コンサルタント。準委任だから品質には責任持ちません
コンサルティング会社が作った要件にヌケ漏れがあった。責任を取るのは、開発会社か、コンサルティング会社か、それともユーザー企業か?――IT訴訟事例を例にとり、システム開発にまつわるトラブルの予防と対策法を解説する人気連載。今回のテーマは「コンサルティングの義務」だ。(2019/1/7)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(60):
私の動画を無断で利用したので、著作権侵害で訴えます!
動画サイトにアップロードした自作の動画を勝手に使われたと訴えられた情報サイト。利用規約にのっとり、公式引用タグを利用しても、著作権侵害に当たるのだろうか――IT訴訟事例を例にとり、システム開発にまつわるトラブルの予防と対策法を解説する人気連載。今回は、Web上のコンテンツの「著作権」をテーマに解説する。(2018/11/19)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(59):
契約はまだできません。でも作業は続けてください
「やっぱり、安くしてください」と作業着手後に発注者に言われたら、ベンダーはどうすればいいのだろうか――IT訴訟事例を例にとり、システム開発にまつわるトラブルの予防と対策法を解説する人気連載。今回は、正式契約前に作業に着手し、6カ月もただ働きをさせられたベンダーの事例を解説する。(2018/10/23)

コンサルは見た! オープンソースの掟(最終回):
ようこそ、オープンソースソフトウェアエコノミーの美しい世界へ
フリーソフトウェア著作権侵害チェックプロジェクト「GVO」へのタレコミが成功し、ジェイソフトの危機を救ったコンサルタント江里口美咲。彼女が最終的に向かった場所は――。(2018/8/2)

コンサルは見た! オープンソースの掟(8):
GPLに違反したから、わが社は経営破綻するしかない
フリーソフトウェアの権利監視団体から警告を受けた「プレミア電子」。「ジェイソフト」さえ何とかすればと楽観視する木村に、社長の武田は重大な事実を告げる――わが社はもうカーナビを作れない!(2018/7/26)

コンサルは見た! オープンソースの掟(7):
貴社は重大なGPL違反を犯しています
カーナビソフトのGPL違反を指摘された「プレミア電子」の木村(同社初の女性取締役就任目前)は、事態を打破すべく、リベンジプランを画策するが……。(2018/7/19)

コンサルは見た! オープンソースの掟(6):
ジェイソフトはプレミア電子を著作権侵害で訴えます!
部長、GPLをご存じないの?――カーナビソフト開発会社を救うべく単身カーナビベンダーに乗り込んだ江里口美咲は、システム企画部長の木村にタイマン勝負を挑む。(2018/7/12)

コンサルは見た! オープンソースの掟(5):
ソースコードの中に逆襲のネタを見つけたわ
契約停止、主要エンジニアの引き抜き、メインバンクへの垂れ込み――大手カーナビベンダー「プレミア電子」は、なぜカーナビソフト開発会社「ジェイソフト」を執念深く追い詰めるのか。(2018/7/5)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(57):
請負だって聞いていたのに、これじゃあ人材派遣じゃないですか!
作業指示はこちらが出します。成果物の責任はとってください。え、派遣と請負のいいとこどり? どこでもやってることじゃないですか――IT訴訟事例を例にとり、システム開発にまつわるトラブルの予防と対策法を解説する人気連載。今回は、契約が請負なのか派遣なのかが争点となった裁判を紹介する。(2018/7/4)

コンサルは見た! オープンソースの掟(4):
カーナビの要は使い勝手の良いアプリだ。よそには渡さん!
何か変だと思わない?――大手カーナビベンダー「プレミア電子」とカーナビソフト開発会社「ジェイソフト」とのトラブル相談に乗っている江里口は、一連の流れに不自然なものを感じていた。(2018/6/28)

コンサルは見た! オープンソースの掟(3):
あまっあまのスイーツ社長なんて、大手に利用されて当然よ!
アンタ、本当に経営者?――大手カーナビベンダーの女性部長から契約打ち切りを告げられたカーナビソフト開発会社社長の三浦は、解決策を相談しに訪問した先でも、気の強そうな女性コンサルタントに頭ごなしに怒鳴られてしまった。(2018/6/21)

コンサルは見た! オープンソースの掟(2):
大手の下僕として安定の日々を送るなんて、まっぴらゴメンだね!
大手企業の下請けとして粛々とやっていくか、イチかバチかで新分野にチャレンジするか、それが問題だ――大手カーナビベンダーに自社開発ソフトをソースコードごと提供してしまった松井は、何を考えていたのか。(2018/6/14)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(56):
仕様変更にも減額にも応じたのに、契約しないってどういうことですか!
多段階契約にしたがために後方フェーズの契約を取れなかった下請け企業がブチ切れた! 契約内容は都度検討するけれど、契約自体は一気通貫ですよね――IT訴訟事例を例にとり、システム開発にまつわるトラブルの予防と対策法を解説する人気連載。今回は「多段階契約における基本契約の効力」を考える。(2018/6/11)

コンサルは見た! オープンソースの掟(1):
ベンチャー企業なんて、取り込んで、利用して、捨ててしまえ!
ソースコードを下さるなんて、社長さんたらお人よしね――「コンサルは見た!」シリーズ、Season3(全9回)のスタートです。(2018/6/7)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(55):
サーバ事業者さん。契約は結んでいませんが、あなたを訴えます
クラウドサービスベンダーに預けたプログラムが、HDDの故障で消失した。「さあ、訴えてやる!」。でも、誰を?――IT訴訟事例を例にとり、システム開発にまつわるトラブルの予防と対策法を解説する人気連載。今回は「クラウド上のデータの責任の所在」を考える。(2018/5/8)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(54):
HTMLに著作権なんてあるわけないでしょ
契約期間が過ぎても、納品したプログラムやHTMLファイルを複製して使い続けるユーザー。ベンダーはこれを阻止できるのか?――IT訴訟事例を例にとり、システム開発にまつわるトラブルの予防と対策法を解説する人気連載。今回は「制作物の著作権」を考察する。(2018/4/4)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(53):
ユーザーの「無知」は罪なのか?
不整合データを提供しておきながら、システムが動作しないとベンダーを訴えたユーザー企業。彼らに勝ち目はあるのか?――IT訴訟事例を例にとり、システム開発にまつわるトラブルの予防と対策法を解説する人気連載。今回は「ユーザーの協力義務違反」を考える。(2018/3/19)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(52):
ユーザーがワガママだから失敗したんです
お客さまは神様です。どんなにムチャを言われても応えるのがベンダーの努めです――IT訴訟事例を例にとり、システム開発にまつわるトラブルの予防と対策法を解説する人気連載。今回は「ベンダーの義務」を考える。(2018/2/19)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(51):
日本国憲法第22条、知らないんすか? 「職業選択の自由」っすよ――エンジニアに「退職の自由」はあるのか?
主要エンジニアが退職したからゲームのリリース日が大幅に遅れた。訴えてやる!――IT訴訟事例を例にとり、システム開発にまつわるトラブルの予防と対策法を解説する人気連載。今回取り上げるのは、社員の退職で被った損害を会社が賠償請求をした裁判だ。(2018/1/29)

コンサルは見た! AIシステム発注に仕組まれたイカサマ(最終回):
アンタ、まだ分かっちゃいないわね――ミサキより愛(AI)をこめて
「北上エージェンシー」の生駒がチラシ制作システム発注詐欺で真に狙っていたのは、「マッキンリーテクノロジー」のAI学習ノウハウを無料でかすめ取ることだった。ことの真相を江里口美咲から聞いた北上の社長は、ある判断をする――。(2018/1/26)



にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。