ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NECソフト」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NECソフト」に関する情報が集まったページです。

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(92):
仕様は確認しないし、運用テストもしません 全部出来上がってから確認します
説明拒否、確認拒否、追加開発強要、契約なし――協力義務違反の展覧会のようなユーザー企業に対して、ベンダーの専門家責任はどこまで求められるのか。(2021/10/11)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(91):
製造工程に入ってるけど、やっぱこの機能も追加してくださーい
要件定義から製造までまるっと一括で請け負ったベンダー。後だし要件に対応する義務はありや、なきや――?(2021/9/27)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(90):
お任せしたのですから、契約の範囲外でも対応してください
ユーザーが持ち込んだソフトウェアにセキュリティの不備があった。「知らんがな」と言いたいところだが、訴えられてしまったら仕方がない。戦いましょう!(2021/8/5)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(89):
従業員が作ったセキュリティホールの責任を会社が取るなんてナンセンスです
契約したのは弊社ですが、セキュリティホールを作ったのは従業員です。悪いのはアイツです!(2021/6/21)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(88):
私が決めた要件通りにシステムを作ってもらいましたが、使えないので訴えます
えっ? システムが実用的でないって? でも、要件を決めたのはあなたでしょう?(2021/5/26)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(87):
悪いのはベンダー! 「わび状」という証拠もあります!
ユーザー企業が契約範囲外の作業を行わせたり、不合理な方針変更をしたりして頓挫したプロジェクト。だがユーザー企業は、責任はベンダーにあるとして、20億円の支払いを要求した。(2021/5/17)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(86):
不合格通知をもらわなかったから、検収合格ですよね
納品物のデキが悪いからと発注者が検収を放棄。合否が伝えられないまま「みなし検収」の期間を過ぎたシステムの開発費用を、ベンダーは支払ってもらえるのか――?(2021/3/29)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(85):
こんな裁量労働制は嫌だ!
上からの指示に従い、個人で判断できる範囲はごくわずか。もちろん、残業代の支払いはなし。これ、本当に裁量労働制なんですか――?(2021/3/15)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(84):
何で仕様も教えてくれないんですか!
言った言わないではなく、言わない言わないの揚げ句、プロジェクトが頓挫。こんなシステムにお金は払えません!(2021/1/6)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(83):
こんなパッケージソフトいらない! だって使えないんだもん!
埋められないパッケージソフトと業務の差、それは不具合なのか仕様なのか、悪いのはベンダー、ユーザー、どっち――?(2020/12/21)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(82):
私のふんどしで相撲を取らないでください
俺がコツコツ集めて無償で公開したデータを使って商売するなんて、ふてえ野郎だ!(2020/11/24)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(最終回):
古き悪しき伝統はワタシが正す!
イツワ銀行内で横行していた偽装請負は頭取の知るところとなり、事態は改善され行内の関係者は更迭された。もう一方の主犯格、サンリーブスの布川は逃げ切れるのか――。(2020/11/17)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(10):
これは左遷ではない、慰労だ
偽装請負を率先して享受することで会社を大きくしてきた新興ベンダー「サンリーブス」。創業社長の思惑は――。(2020/11/12)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(9):
ベンダー一揆を回避したいなら、この情報をうまく使ってください
偽装請負に苦しむ先輩を助けるために、白瀬が乗り込んだのはユーザー企業の法務部だった。そのころ江里口はある老人を訪ねていた――。(2020/11/10)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(8):
本社に支援を頼むから安心して!→だが、助けは来ず
契約外で行った作業のミスが元で地獄と化したプロジェクト現場。倒れるエンジニア、姿をくらます経営者。孤立無援のプロマネに救いの手は来るのか――?(2020/11/5)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(81):
やった分はお金ください。納品してないけど
不幸にも中断してしまったプロジェクト。納品も検収もまだだけど、ベンダーは代金を回収できるのか?(2020/11/2)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(7):
死人が出てもかまわん、スケジュール厳守だ!
新興ベンダーが契約外作業で手伝ったシステムでデータが消失した。責任は誰が? 補填(ほてん)はどこが――?(2020/10/29)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(6):
プロマネさん、ここは一つ大人になってくれないか
契約外作業の依頼をやめない担当者に業を煮やしたベンダーのプロマネは担当者の上司に直訴。このアクション、吉とでるか凶とでるか、果たして――。(2020/10/27)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(5):
お客さまは神様だもの、徹夜してでも手伝わなくちゃ
会社の方針で契約外作業も積極的に行っているベンダーのメンバーは、本業がピンチなのにサービスをやめようとしない。みんな「ゆでガエル」なんじゃない?(2020/10/22)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(4):
PJはワンチーム、会社の垣根を越えて助け合わないとねえ
イツワ銀行の勘定系システム刷新プロジェクトで、テストデータが消えた。その原因は……?(2020/10/20)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(3):
ベンダーはお客さんに逆らえないじゃないですかあ
偽装請負が横行する銀行の勘定系システム刷新プロジェクト。ベンダーのプロマネは契約外作業の依頼を止めてくれるよう銀行の担当者にお願いするが……。(2020/10/15)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(2):
いっぱい残業してるんだから、少しぐらい遅刻したっていいでしょ?
勤怠に問題があるメンバーの遅刻の原因は、(ある意味)サービスな残業だった――。(2020/10/13)

コンサルは見た! 偽装請負の魔窟(1):
口うるさいプロマネはチェンジだ!
システムと人間のトラブル模様を描く「コンサルは見た!」。Season5(全11回)は「偽装請負」が招く悲劇を描きます。美咲と白瀬は、心身ともにボロボロになっていくエンジニアたちを救えるのか――?(2020/10/8)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(80):
代金を支払わないからシステムを引き上げるなんて、どういう了見だ!
社長が取ってきた開発案件。新規顧客だけど、社長の知り合いだから安心していいですよね――?(2020/9/28)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(79):
「お任せください」ってカンバンに書いてあるじゃないか!
お任せください――プロジェクト管理義務怠慢を疑われたベンダーを窮地に陥れたのは、自社サイトに書かれていたある言葉だった。(2020/9/7)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(78):
あるエンジニアの死
心臓に疾患を持つ女性エンジニアが、致死性不整脈で亡くなった。直近の残業時間は、月間21時間。彼女の死の責任は、誰にあるのか――。(2020/7/13)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(77):
「退職するなら、2000万円払ってね」は、本当に会社だけが悪かったのか
課長が顧客と約束した打ち合わせや講習会やサポートをサボって、発注額が少なくなりました。これ、おとがめなしなんですか?(2020/7/1)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(76):
似たようなデータベース作ったからって、泥棒よばわりするのやめてもらえません?
私がおたくのデータベースをパクったですって? いやいや、こんなもん誰が作っても同じものになるでしょ。(2020/5/8)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(75):
あなたの能力も態度も信用できません
スケジュールは守らないわ、追加請求を繰り返すわ、不具合は増え続けるわ――あなた、それでよく「プロ」のベンダーだといえますね。(2020/3/26)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(74):
退職するなら、2000万円払ってね
お前がクレームばかりくらうから、売り上げが減ってしまったじゃないか。退職するならマイナス分を請求するからな!(2020/2/10)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(73):
派遣は工程表を作っちゃダメなんですか!?
元請けにつるっと丸投げされた下請け企業。身を守るために自主的に工程を管理していたことがあだとなり――。(2020/1/14)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(72):
最後の不具合が除去されるまで、働き続けてもらいます
請負契約だけど、作業指示は出しますよ。あと「動作保証されている」と私が認めるまでは、支払いはしませんよ。だって、こちとら発注者様ですからね!(2020/1/7)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(最終回):
1億2000万円を着服しようとしたのは誰だ!――仁義なき戦い 大連謀略編
オンラインショップ開発頓挫の裏には、経営陣の覇権争いがあった! 老舗スーパーマーケットチェーンを舞台にした、システムと人間のトラブル模様を描く「コンサルは見た! Season4」、いよいよ全ての謎が解き明かされる――。(2019/12/19)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(11):
わざとハリボテのシステムを発注しましたね――黒い三人の男
社長退任を迫る前社長の出現に荒れる「ラ・マルシェ」の役員会議。腹心の部下を後任に据えようという前社長の提案に「待った」をかけたのは、われらが江里口美咲だ!(2019/12/12)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(10):
そろそろ銀行に帰ったらどうかね?――二代目はテクニシャン
「スマホ・デ・マルシェ」開発頓挫の裏には、質の悪いシナリオがありそうだ。美咲と白瀬は調査のために「アクセル乳業」を訪ねる。同じころ、ラ・マルシェの社長のもとに、招かれざる客が訪れていた。(2019/12/5)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(9):
不自然なことの裏には、下手くそなシナリオライターがいるのよ――三文オペラ
「ラ・マルシェ」から相談を受けた美咲と白瀬は、同社に1億6000万円を請求した「ルッツ・コミュニケーションズ」を訪問した。そこで彼らが目にした、数々の不審な点とは……。(2019/11/28)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(71):
リバースエンジニアリングしたけど、もうけてないから問題ないでしょう?
依頼主が作成したプログラムをリバースエンジニアリングして改修したエンジニアが訴えられた。僕、何か悪いことしましたか?(2019/11/18)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(7):
ユーザーの信義則違反で訴えてやる!――ベンダーの不自然な行動
開発は進んでいるのに、契約はまだ締結できない。そんな状態が2カ月もたったある日、オンラインショップ「スマホ・デ・マルシェ」開発ベンダーから、1通の内容証明郵便が送られてきた。(2019/11/14)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(6):
ベンダーは見つからないって言ったじゃないか!――ふたりはライバル
営業主導で動いているオンラインショップ開発の企画にぶつけるように、情シスは独自の企画を役員会議で提案した。しかも、既にベンダーも決まっているという──羽生、俺をだましたのか?(2019/11/7)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(5):
契約前作業なんて当たり前?――常務は分かってくれない
オンラインショップ「スマホ・デ・マルシェ」の開発が始まって、早2カ月。開発は順調に進んでいるが、契約がまだ結ばれていないことが発覚した。担当の小塚は、承認を止めている総務担当常務に手続きを進めてくれるようお願いしに行くが……。(2019/10/31)

不具合大量発生中なのに:
営業はなぜ「お任せください」と約束してしまうのか
エンジニアはプロマネに、プロマネは顧客に、なぜ「助けてください」と言わないのだろう?――IT“業界”解説シリーズ、第6弾はベンダーの営業やプロマネの安請け合いを考えます。(2019/10/28)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(4):
営業部のEUCだけど、契約だけ情シスでやれってこと?――情シスはつらいよ
オンラインショップをオフショアで開発することにした、老舗スーパーマーケットチェーン「ラ・マルシェ」。開発は順調に進んでいたが、その裏では不穏なうわさが食品業界を飛び交っていた……。(2019/10/24)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(3):
君はライバルに協力するのかい?――ベンダーを探せ!
営業部門の発案でオンラインショップを作ることになった、老舗スーパーマーケットチェーン「ラ・マルシェ」。仕事を依頼できるベンダーに心当たりのない担当者は、情シスの同期に協力を仰ぎに行くが……。(2019/10/17)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(2):
ITを無視していては、経営が破綻します――業績傾き掛けのオレンジ
時代に取り残されつつある老舗高級スーパーマーケットチェーンを引き継いだ47歳の新社長は、観光客誘致、キャッシュレス決済導入、と施策を次々に繰り出した。次に着手するのは……ITだ!(2019/10/10)

コンサルは見た! 情シスの逆襲(1):
裏切りの情シス
小塚と羽生――同期入社の2人を引き裂いたのは、大手高級スーパーのIT化を巡る政治と陰謀だった。「コンサルは見た!」シリーズ、Season4(全12回)のスタートです。(2019/10/3)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(70):
運用保守契約は永遠です
契約が更新されなかったからとブチ切れる運用保守業者 vs. 大きな案件があるかもしれないと口走ってしまった発注者。正しいのはどっちだ!(2019/9/30)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(69):
うまくいってもいかなくても、お金はください
初期費用を負担する代わりに、売り上げに応じて永久にチャリンチャリン。レベニューシェア型契約は、ベンダーにとっておいしい話か、否か──。(2019/9/9)

本業が忙しいから、お手伝いはできないよ:
ユーザーはなぜ、自社のシステム開発に協力しないのか
「受け入れテストのデータを作ってください」「ウチがやるの?」――IT“業界”解説シリーズ、第4弾はユーザー企業の「なぜ?」を解説します。(2019/8/26)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(68):
親会社の意向なので開発中止します。もちろんお金も払いません
いやー、ごめんごめん。親会社から突然ストップがかかっちゃってさあ。うちら現場としてはやる気満々なんだけど。悪いけど、この話なかったことにしてくれる?(2019/7/8)

「訴えてやる!」の前に読む IT訴訟 徹底解説(67):
丸投げしたんだから、頑張ってくださいよ(作業量は増えたけどね)
下請けに丸投げした作業の工数が当初見積もりの6.4倍にまで増えてしまった。下請けの追加費用支払い要請に応じるか、契約を結び直すか――どうする、元請け!(2019/6/24)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。