ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  N

  • 関連の記事

「NOOK Media」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「NOOK Media」に関する情報が集まったページです。

Barnes & Nobleの電子書籍ビジネスからMicrosoftが撤退、保有株式を売却
(2014/12/5)

Barnes & Noble、NOOK Mediaの分社化を決定
分社化は2015年3月末までに完了させる予定。(2014/6/26)

Barnes & Noble、タブレットの開発でSamsung Electronicsと提携
ハードウェア開発からは事実上の撤退となる。(2014/6/6)

Barnes & Noble、NOOKで10億ドル以上の損失
米国最大の書店Barnes & Nobleに明るいニュースはやってくるのだろうか。(2014/3/6)

Barnes & Noble、タブレットと電子書籍リーダーの製造を継続
ハードウェアビジネスから撤退し、事業の見直しを進めようとしていた米書店大手のBarnes & Nobleがその戦略を撤回、今後もハードウェアビジネスを展開する。(2013/8/26)

NOOKの電子書籍事業が不調のBarnes & Noble、CEOの辞任を発表
NOOK事業が不調で赤字続きの米書店大手Barnes & Nobleが、ウィリアム・リンチCEOの辞任と新社長の就任を発表した。新社長のマイケル・ヒューズビー氏は子会社NOOK MediaのCEOも兼任する。(2013/7/9)

Barnes & Noble、新短編小説プログラムNOOK Snapsを発表
さまざまな出版社や電子書店が、安価で手軽に読めるマイクロコンテンツを電子書籍で配信しているが、Barnes & Nobleも「NOOK Snaps」と名付けたプログラムでこれに本格的に乗り出す。(2013/6/14)

Microsoft、Barnes & Nobleの電子書籍ビジネスを約1000億円で買収オファー?
MicosoftがBarnes & Nobleの電子書籍ビジネスを10億ドルで買収することを検討しているという報道。NOOKのハードウェアビジネスは大きな転換期を迎えそうだ。(2013/5/10)

Barnes & Noble、個人出版サービス「NOOK Press」発表
Barnes & Nobleの子会社NOOK Mediaが個人出版サービス「NOOK Press」を発表。カスタマーサポートに当たる「Live Chat」機能などが注目される。(2013/4/10)

岐路に立つBarnes & Nobleの電子書籍リーダー
自社の電子書籍リーダーが苦戦を強いられているBarnes & Noble。2013年度第3四半期の決算でもこれが顕著に表れているが、NOOK製品ラインを製造中止する計画はないという。(2013/3/5)

Barnes & Nobleが二分割か、創業者が実店舗689店を個人買収オファー
米書店チェーン最大手のBarnes & Noble会長を務めるレナード・リッジオ氏が、紙書籍部門の個人取得を会社側に提示した。(2013/2/26)

NOOKの売上は不振、電子コンテンツの売上は好調――Barnes & Nobleのホリデーシーズン
Barnes & Nobleがホリデーシーズン9週間の販売結果を発表。小売セグメント、NOOKセグメントともに奮わないが、電子コンテンツの売上高は13.1%増となった。(2013/1/9)

Barnes & Nobel NOOKブックストア、2013年6月までに米国外の10カ国で展開予定
Microsoftが3億ドルを出資する新企業NOOK Mediaの動向も気に掛かるが、Barnes & NobleのリンチCEOはブックストアの海外展開を推進する考えを明かした。展開予定地域に日本は入っているのだろうか。(2012/10/16)

Microsoftが3億ドル出資する電子書籍企業NOOK Media誕生 Barnes & Nobleの子会社として
Barnes & Nobleが電子書籍リーダー事業をスピンアウトし、Microsoftが3億ドルを出資する新企業NOOK Mediaが設立された。まずはWindows 8向け電子書籍アプリをリリースする。(2012/10/5)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。