ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  P

  • 関連の記事

「PixelJunk」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「PixelJunk」に関する情報が集まったページです。

Googleさん:
無敵コマンド装備したGoogleのクラウドゲーム「Stadia」を率いる人々
Googleが年内スタートするゲームサービス「Stadia」を率いるのは、元Xboxの偉い人と「アサシンクリード」を手掛けた元EAの偉い人。コナミコマンドが刻印されたコントローラをひっさげて、どう勝負するのでしょう。(2019/3/24)

生存者が語る――「PixelJunkシューター2」新ムービーが公開
(2011/2/25)

TGS2009:
「グランツーリスモ5」や「FF XIII」などの注目タイトルが目白押し――SCEブース
PS3向けの大型タイトルに注目が集まるSCEブースだが、「METAL GEAR SOLID PEACE WALKER」「KINGDOM HEARTS Birth by Sleep」「勇者のくせになまいきだ:3D」など、PSP向けタイトルの充実ぶりも印象的だ。(2009/9/24)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その25):
遅ればせながらくねくねハニィの「E3に行って参りました!」
暑い、暑すぎです。この暑さで溶けてしまいそうなくねくねハニィがお送りする「E3に行って参りました!」です。ちょっと時間が経ってしまって申し訳ないっすが、総評で「しょぼかった〜」と言われる7月中旬に行われたE3を、くねくねハニィ的にまとめてみたのでご一読をよろしこ。長いよ。(2008/8/8)

E3を総括――存在意義を問う:
「E3 2008」これだけ読めば大丈夫?(前編)
現地時間の7月15日〜17日の期間、北米ロサンゼルスで「E3 Media and Business Summit」が催され、それに先だちプラットホームホルダー各社がカンファレンスを行った。形を変えたE3の存在意義を問いながら、今後のゲーム市場動向を推測する。(2008/7/24)

PLAYSTATION Store定期便:
浅草で鬼ごっこして、植物の動きに心奪われ、ワイヤーでスウィング――PLAYSTATION Store最新情報
SCEのPLAYSTATION Storeにおいて、7月31日より「The Last Guy」と「PixelJunk Eden」などが配信される。ほかにもPLAYSTATION Storeの最新情報をお届け。(2008/7/23)

Sony E3 2008 press conference:
SCEA、PS3の80Gバイトモデル投入――ソフトラインアップで勝負!?
SCEAは7月15日(現地時間)、ロサンゼルスでプレスカンファレンスを開催し、PS3の80Gバイトモデルを発売することや、今後のソフトラインアップを発表した。(2008/7/16)

日々是遊戯:
一度ハマるとやめられない「TowerDefense系ゲーム」って知ってますか?
迷路上に配置して、迫り来る敵から拠点を守る「TowerDefense系ゲーム」。家庭用ではあまり見かけないジャンルだが、FLASHゲームとしては、現在までに20作品以上がリリースされているという人気ジャンル。あなたは知ってましたか?(2008/6/6)

タワーを建ててモンスターから「チビ」を守れ――「PixelJunk MONSTERS」
キュー・ゲームスから、オンライン配信専用のプレイステーション 3向けソフト「PixelJunk MONSTERS」が12月6日に登場する。自分の家に隊列をなして攻めてくるモンスターから、さまざまな攻撃属性を持つタワーを建てて「チビ」を守るパズルシミュレーションだ。(2007/11/21)

未公開タイトルを含め40タイトルのPS3ソフトをプレイアブル出展――SCE
(2007/9/4)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。