ITmedia総合  >  キーワード一覧  >  S

  • 関連の記事

「Sankando」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「Sankando」に関する情報が集まったページです。

「M2 -神甲綺譚-」、ハンゲームもサービス休止を発表
原因は深刻なサーバートラブルによる模様。現在Sankandoのポータルサイト全体が緊急メンテナンスを実施している。(2011/11/10)

本日より応募受付スタート――ブラウザMMORPG「いきものがたり」、4月28日から先行体験会を実施
ブラウザMMORPG「いきものがたり」をいち早くプレイできる先行体験会が4月28日から実施される。(2011/4/19)

MMORPG「M2-神甲綺譚-」、4月28日に大型アップデート「紅き戦乱の解放」を実施
周のへき地にある「曲丘」の地下に存在する新ダンジョン「天星窟」が登場。数多くの敵神甲兵が存在し、奥には最上位となる「天星号」が待ち受けている。(2011/4/18)

普段通り、も大切です――MMORPG「Metin2」、3月17日に大型アップデート「百花繚乱」実施
3月11日に関東・東北地方を襲った大地震により、ゲーム業界では発売延期などのニュースが相次ぐなか、PC向けMMORPG「Metin2」は3月17日に大型アップデート「百花繚乱」を実施した。(2011/3/18)

日々是遊戯:
少しでも早い復興を――ゲームメーカー各社も続々と被災地への支援を発表
大地震の影響を受けて、国内ゲームメーカー各社も続々と被災地への支援や、節電への協力を表明しています。【※情報は随時追記しています】(2011/3/14)

MMORPG「Metin2」、2月15日より正式サービス開始
2月に入りオープンβテストが行われてきたMMO「Metin2」が、明日より正式サービスをスタートする。(2011/2/14)

MMORPG「Metin2」、オープンβテストを2月8日より実施
国内向けサービス再開にむけて開発が続けられてきたMMORPG「Metin2」が、オープンβテストを2月8日から実施。エントランスサイトをオープンした。(2011/1/28)

オンラインRPG「FLORENSIA ♯(シャープ)」、2月28日よりサービスを一時休止
サービス再開は5月の予定。再開後もプレイデータなどはそのまま引き継がれる。(2011/1/27)

MMORPG「M2-神甲綺譚-」、12月22日よりハンゲームでのサービス開始
(2010/12/22)

ITmedia Gamez枠で200名募集:
テスター募集開始――MMORPG「Metin2」クローズドβテストを12月17日より実施
ITmedia Gamez枠で200名、クローズドβテストを募集する。参加者にはオープンβテスト時に各街モチーフカラーの「半被」がプレゼントされる。(2010/12/6)

MMORPG「METIN2」ティーザーサイトオープン
日本向けサービス再開が発表されていたMMORPG「METIN2」のティーザーサイトがオープンした。(2010/11/16)

MMORPG「METIN2」国内サービスが復活へ――Sankandoがライセンスを取得
5月で日本でのサービスが終了したMMORPG「METIN2」の国内向けライセンスをSankandoが取得した。(2010/9/3)

本日先行登録受付スタート――6月9日「M2-神甲綺譚-」オープンβテスト開始
(2010/6/4)

ITmedia Gamez枠で200名募集:
おかえり! 「M2〜神甲綺譚〜」αテスト募集開始
Sankandoが運営、開発を行うMMORPG「M2〜神甲綺譚〜」において、オープンβテストに先がけて行われるαテストの参加者を募集している。ITmedia Gamezでも参加者を募っている。(2010/4/28)

「FLORENSIA(フローレンシア)」運営サービス移管
(2009/12/15)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。