ITmedia総合  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

「アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団」に関する情報が集まったページです。

ギネス世界記録の「ビデオゲームのエンディングベスト50」、「Call of Duty: Black Ops」が1位に
発売から13年がたつ「ゼルダの伝説 時のオカリナ」がビデオゲームのベストエンディング第3位に入った。(2012/2/13)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その37):
ゆる〜い北米取材報告 -GDCもね♪-
寒過ぎて冬眠から覚めなかった(?)くねくねハニィがお送りする季節外れのGDCリポートをお送りしまぁす。大胆なご無沙汰っぷりでびっくりだよねぇ。おもしろい角度でまとめてみたのでご一読をばっ!(2010/4/20)

「アンチャーテッド」シリーズ2本がお得な“TWIN PACK”として数量限定で発売
SCEJは、PS3専用ソフト「アンチャーテッド エル・ドラドの秘宝」と「アンチャーテッド 黄金刀と消えた船団」をセットにした特別限定商品「アンチャーテッド TWIN PACK」を2月18日に数量限定で発売する。価格は7980円(税込)。(2010/1/21)

2009年の年末商戦でPS3、全世界で合計380万台実売
(2010/1/7)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その35):
2009年の話題を独断と偏見でランキングしちゃった!
2009年末になっちまいましたが、くねくねハニィが独断と偏見で語る「2009年10大トピック!」。1年間の話題を振り返って、勝手にこんなことがあった! をランキングしてみたよ〜。(2009/12/30)

週間ソフト販売ランキング:
ゲームソフトにもTwitter機能
家庭用ゲーム機ソフトにもTwitter機能を内蔵したものが出ています。(2009/10/22)

TGS2009:
「グランツーリスモ5」や「FF XIII」などの注目タイトルが目白押し――SCEブース
PS3向けの大型タイトルに注目が集まるSCEブースだが、「METAL GEAR SOLID PEACE WALKER」「KINGDOM HEARTS Birth by Sleep」「勇者のくせになまいきだ:3D」など、PSP向けタイトルの充実ぶりも印象的だ。(2009/9/24)

TGS2009特集:
「東京ゲームショウ2009」に参加する前に知っておくこと
今年もゲームの祭典の季節がやってきました。まずは事前に予習しておきましょう。(2009/9/16)

PS3体験イベント「体験!プレイステーション」を名古屋・大阪・福岡で開催
(2009/8/31)

薄型・軽量の新型PS3、全世界同時に発売――日本では9月3日発売
SCEは、現行のプレイステーション 3の基本機能を踏襲しながら、大幅にスリム化を実現し、120GBのHDDを標準搭載した新型を全世界で発売すると発表。価格は2万9980円。(2009/8/19)

くねくねハニィの「最近どうよ?」(その32):
今さらっ? E3 2009を振り返るのだ!
夏休みもすぐそこですが、今年のE3を振り返っちゃってるくねくねハニィ。そこから見えるゲーム市場をハニィ視点で語ってみたので、「おっせぇよ」と言わずに読んでみてくれぇい。(2009/7/10)

E3 2009総括:
E3 2009で何があったのか? まとめて読みたいあなたのために(後編)
ロサンゼルスで開催されたElectronic Entertainment Expo(E3 2009)を振り返る。後編ではSCEについて。(2009/6/18)

Sony 2009 Press Conference:
PSP新型「PSP go」発表――SCEでも新型デバイス登場
SCEはスライド式の軽量新型PSP「PSP go」を発表した。日本では11月1日発売、価格は249.99ドル(約2万6800円)を予定している。(2009/6/3)

SCEブース:
Insomniac Games新作をはじめ、海外のメジャーPS2タイトルが続々登場
SCEAで発表される新作ラインナップ。今年も新タイトルの情報はもちろん、海外メジャーも数多く登場。今回は日本でまだ紹介されていないものをいくつか紹介する。(2005/5/21)



2013年のα7発売から5年経ち、キヤノン、ニコン、パナソニック、シグマがフルサイズミラーレスを相次いで発表した。デジタルだからこそのミラーレス方式は、技術改良を積み重ねて一眼レフ方式に劣っていた点を克服してきており、高級カメラとしても勢いは明らかだ。

言葉としてもはや真新しいものではないが、半導体、デバイス、ネットワーク等のインフラが成熟し、過去の夢想であったクラウドのコンセプトが真に現実化する段階に来ている。
【こちらもご覧ください】
Cloud USER by ITmedia NEWS
クラウドサービスのレビューサイト:ITreview

これからの世の中を大きく変えるであろうテクノロジーのひとつが自動運転だろう。現状のトップランナーにはIT企業が目立ち、自動車市場/交通・輸送サービス市場を中心に激変は避けられない。日本の産業構造にも大きな影響を持つ、まさに破壊的イノベーションとなりそうだ。