ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年05月14日 17時50分 公開

ビクター、映像知能“GENESSA”搭載プラズマ/液晶テレビ「新EXE」

日本ビクターが、地上/BS/110度CSデジタル対応プラズマ/液晶“EXE(エクゼ)”シリーズを発表。新開発の高画質映像技術「GENESSA」や、聴取補助システム「テレビ“きき楽”」など先進機能を備えた。

[西坂真人,ITmedia]

 日本ビクターは5月14日、地上/BS/110度CSデジタル対応フラットテレビ“EXE(エクゼ)”シリーズ新製品としてプラズマテレビ「PD-42DV50」「PD-35DV50」、液晶テレビ「LT-32LC50B(ブラック)/同S(シルバー)」「LT-26LC50B(ブラック)/同S(シルバー)」を発表した。価格はすべてオープン。

 実売予想価格や発売時期は以下のとおり。

型番 サイズ 実売予想価格 発売時期
プラズマTV PD-42DV50 42V型 58万円前後 6月上旬
プラズマTV PD-35DV50 35V型 50万円前後 6月上旬
液晶TV LT-32LC50B/S 32V型 50万円前後 6月中旬(ブラック)6月下旬(シルバー)
液晶TV LT-26LC50B/S 26V 40万円前後 6月上旬(ブラック)6月中旬(シルバー)
photo プラズマテレビ「PD-35DV50」「PD-42DV50」(上)と、液晶テレビ「LT-26LC50B/S」「LT-32LC50B/S」(下)
photo

 新EXEシリーズは、同社が先日発表した新開発の高画質映像技術「GENESSA」を全機種に搭載。同社が“映像知能”と呼ぶその新技術は、階調を自動で最適化する「インテリジェントγ(ガンマ)」と、記憶色を鮮やかに再現する「カラークリエーション」で構成される(GENESSA技術の詳細は4月20日の記事参照

photo コントラスト感を向上させる「インテリジェントγ(ガンマ)」と色彩感を向上させる「カラークリエーション」

 「映像処理専門の32ビットCPUが、パネルの特性に合わせて映像シーンを最適化。インテリジェントγでコントラスト感を向上させ階調の最適化を図り、カラークリエーションで色彩感を向上させ鮮やかさを出している」(同社)

photo カップの下に敷き詰めたコーヒー豆が暗くて見えない時、従来のブライトネス補正ではカップの色が薄くなってしまうが、GENESSA技術では豆も見えてなおかつカップの色も保持できるという
photo 従来製品(左、「PD-35DH3」)とGENESSA搭載プラズマテレビ「PD-35DV50」(右)の画質比較

 従来のEXEシリーズはパネル部とレシーバー部が別体になっていたが、今回の新製品からレシーバー部を本体に一体化。コンパクトでスタイリッシュなチューナー一体型デザインに仕上っている。液晶テレビ2機種には、ブラックとシルバーのカラーバリエーションを用意したほか、視聴位置に合わせて上7度/下3度/左右20度の調節が可能なチルト&スイーベル機能を備えた。

photo チューナー一体型デザインに。写真は42V型プラズマTV「PD-42DV50」
photo 液晶テレビはブラックとシルバーのカラーバリエーションを用意

 また今回の新製品では、映像だけでなく音声システムにも同社独自技術が盛り込まれた。

 同社が2002年12月に発売したラジオ「RA-BF1」で初搭載されたニュースやドラマのセリフなどを聞き取りやすくする独自技術“きき楽”は高齢者などに好評だったが、今回の新製品には、この聴取補助システムをテレビ向けにリファインした「テレビ“きき楽”」機能を全機種に搭載した。

photo 2002年12月に同社が発売した“きき楽”ラジオ「RA-BF1」

 新しいきき楽機能は、小さい音は大きく大きな音は小さくなるように信号処理を行う帯域分割音声圧縮技術「はっきりトーク」と、音声をリアルタイム処理することで実際の時間は変えずにゆっくりしたスピードで聞ける「ゆっくりトーク」の2種類の聴取補助システムを備えている。

photo はっきりトーク機能の仕組み

 「はっきりトークは、帯域を分割して高/中/低域それぞれの帯域ごとに補正しているほか、音圧の圧縮を行って小さい音はレベルを下げ、大きい音はレベルを上げることで聞こえやすくしている。また、ラジオ用のゆっくりトークをそのまま使うと映像が遅れて口パクに見えるため、テレビ向けに改良した」(同社)

 定評あるサウンドシステムには、独自のオブリコーンスピーカーにウェイト付きウーハーを搭載して臨場感あるサウンドにした「ツインドライブスピーカーシステム」をプラズマテレビ2機種に採用(液晶テレビはオブリコーンスピーカーのみ採用)。

photo

 液晶テレビには高輝度(最大500カンデラ/平方メートル)で高精細(1366×768ピクセル)のハイビジョン対応WXGA液晶パネルを搭載した。プラズマテレビはWVGA(852×480ピクセル)パネルを採用。

 その他、生活情報ネットワークサービス「Tナビ」に対応したほか、部屋の明るさに合わせて画面の明るさを調節する「E.E.センサー」、地上/BS/110度CSデジタル対応EPG(テレビ番組ガイド)、デジカメのJPEG画像を再生できるSDメモリーカードスロット、「第3世代デジタルワイドGRT」「ノイズクリア」などゴースト/ノイズ処理機能を全機種に搭載した。

 「新製品のセールスポイントは、独自の高画質技術“GENESSA”と、聞きやすいテレビを実現する“きき楽”機能。国内と同様の製品を全世界でも展開していく予定で、GENESSAは(プラズマ/液晶だけでなくリアプロなど)フラットパネルテレビ全製品に投入していく方針で、7月に欧米で発売予定のHD-ILA搭載リアプロにもGENESSAを搭載していく。独自高画質技術を核にして、2004年テレビ販売目標のうち国内では80%、全世界では55%以上をフラットパネルテレビで獲得していきたい」(同社AV&マルチメディアカンパニーディスプレイカテゴリー長の藤崎陽一氏)

photo 同社AV&マルチメディアカンパニーディスプレイカテゴリー長の藤崎陽一氏

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.