ITmedia NEWS >
ニュース
» 2004年08月05日 03時16分 公開

特集:ライフスタイル的“夏休み・お出かけ”案内 (1/2)

子どもたちも夏休みに入り、「どこか連れてって」攻撃にさらされているお父さんたちに朗報だ。ITmediaライフスタイル編集部はオススメのお出かけスポットやイベントを事前に調査してきた。子どもが喜ぶ美味しいイベントから、IT戦士の知的欲求を満たしてくれる知的で硬派な展示会まで、これまでレポートした数々の催し物をまとめて紹介しよう。

[芹澤隆徳,ITmedia]
photo

 まずは夏休みの定番「驚異の大恐竜博」から。

 アジア最大、全長27メートルの「チュアンジエサウルス」の骨格をはじめ、三畳紀から白亜紀までの豊富な化石・標本を展示している。大迫力のジオラマセットや、大型竜脚類「マメンキサウルス」の視野を体験できる「マメンキクレーンアイ」など、見所もいっぱい。“男なら一度は夢中になる”といわれる恐竜だけに、子どもの頃を思い出してしまうお父さんたちも多いのでは?

イベント名 驚異の大恐竜博
開催期間 7月16日〜9月12日
開催場所 幕張メッセ 展示ホール7、8
概要 全長27メートルの「チュアンジエサウルス」をはじめ、日本初公開となる17種類の恐竜を含む157種245点の標本を展示。入場料は一般2500円、中高生1500円、小学生1000円。公式ブロードバンドサイト「BB Dino Channel」もある
関連記事 “ツジラ”“カゴラ”も登場――アジア最大の恐竜の化石が幕張に
関連リンク 驚異の大恐竜博
地図へのリンク 驚異の大恐竜博(アクセス)

photo

 恐竜も好きだけど、もう少し涼しそうな場所がいいという人には水族館がオススメだ。

 吉本興業がプロデュースした「よしもとおもしろ水族館」は、“面白さ”を追求したという一風変わった水族館。「中国の南の島にある小学校」をモチーフにしたという館内はちょっとレトロなイメージで、規模は小さいが73本の水槽に300種5000匹の魚たちが泳いでいる。もちろん、笑える“ギャグ水槽”も満載。横浜中華街の中心に位置しているため、魚を見て食欲を刺激されてしまっても大丈夫だ。

イベント名 よしもとおもしろ水族館
開催期間 常設
開催場所 横浜市中区山下町144 チャイナスクエアビル3階
概要 各ゾーンすべてにテーマがあり、たのしい実験水槽やちょっと笑えるギャグ水槽もいっぱい。水槽にはすべてクイズが付いている。「楽しめて、笑えて、そして勉強になる水族館」がコンセプト。入場料金は、中学生以上が1200円、子ども(4歳以上)は600円。
関連記事 吉本興業プロデュース「おもしろ水族館」が横浜中華街に
関連リンク よしもとおもしろ水族館
地図へのリンク インフォメーション(よしもとおもしろ水族館)

photo

 お腹がふくれてデザートがほしくなったら、池袋の「ナムコ・ナンジャタウン」に行こう。

 7月23日にオープンしたばかりのフードテーマパーク「東京シュークリーム畑」は、イタリア風の街並みにシュークリーム店が立ち並ぶ夢の畑だ。東京港区の「パティスリー アトリエ ド リーブ」、神戸の「KOBE お菓子の店 モリナカ」など、行列のできる店として有名な全国6店を集めており、できたてのシュークリームをその場で買えるほか、全国各地の有名シュークリームを揃えた「シュークリームミュージアム」も。

 なお、同じくナンジャタウン内にあるフードテーマパーク「プリン博覧会」は10月11日で終了してしまうため、ハシゴできる期間はあとわずか。急げ。

イベント名 東京シュークリーム畑
開催期間 7月23日〜
開催場所 池袋ナムコ・ナンジャタウン
概要 「ナムコ・ナンジャタウン」内にできた3つめのフードテーマパーク。全国の人気シュークリームを食べ比べるチャンス。入場は無料だが、ナンジャタウンの入場料300円(こどもは200円)が必要だ。営業時間は午前10時から午後10時まで。
関連記事 シュークリーム狩りに行ってきました――ナムコの「東京シュークリーム畑」
関連リンク ナムコ・ナンジャタウン
地図へのリンク アクセスマップ(ナムコ・ナンジャタウン)

 ここからはIT関連と言えなくもない(?)イベントを紹介していこう。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.