ITmedia NEWS >
特集
» 2005年01月07日 18時15分 公開

2005 International CES:HDを全面に押し出すソニー、5.1ch録音のDVDカムなども展示 (2/2)

[渡邊宏,ITmedia]
前のページへ 1|2       

5.1ch録音が可能なDVDハンディカム

 ここからはHDとは関しないが、同社ブースで気になったものを取り上げたい。

 まずはDVDハンディカム「DCR-DVD403」。DVDハンディカムシリーズの中ではハイエンドに当たる製品で、レンズ上部に設けられたマイクで5.1ch録音が可能になっている。北米地域で3月から出荷を開始する予定だ。

photo DCR-DVD403

 マイクは何の変哲もないように見えるが(少し大きめに見えるが)、1カ所に前後左右の4つのマイクを搭載しており、集音した結果をデジタル処理し、5.1chサウンドとしてメディアに記録する。

photo DCR-DVD403のマイク。「FRONT」「REAR」に加えて、やや小さいが「L」「R」の文字も見える

 3MピクセルのCCDを搭載しており、デジタルズーム併用で120倍までの望遠も可能。搭載されている液晶は16:9のワイド液晶だ。もちろんDVD-RWメディアも利用できる。

photo 本体下部には5.1ch対応機であることを示す「DOLBY DIGITAL 5.1CREATOR」のロゴも

ワイド画面もある北米版エアボード

 北米地域で2004年10月から販売されているワイヤレスTVが「Location Free TV」。日本では「エアボード」という名称で販売されている。

photo Location Free TV「LF-X5」とベースステーション

 北米版は、7インチの16:9ワイド液晶を搭載した「LF-X5」と12.1インチの液晶を搭載した「LF-X7」(こちらは4:3)の2製品で構成されており、基本機能は同一。価格はLF-X5が1099ドル、LF-X7が1494ドル。

 チューナーが内蔵されたベースステーションから、映像をIEEE 802.11a/b/gで受信し、手元の画面に映し出すことができるほか、ベースステーションに接続された他のAV機器のコントロールも可能。HDDレコーダーなどの映像も離れた場所で楽しむことができる。

photo 液晶はタッチパネルとなっており、画面右に映し出されているリモコンを操作することによってベースステーションに接続されたAV機器の操作も可能

 ただし、同製品の持つネットAV機能は、RoomLinkなど同社製ホームネットワーク製品との整合性はない。しかし、同一メーカーの製品ながらも相互接続性が確立されていないことについては同社でも問題視しており、DLNAへの対応も含めて検討中だという。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.