ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年04月21日 04時00分 公開

SEDに憧れ、3Dで驚き、QUALIAに感動――Display 2005 (2/2)

[西坂真人,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 東芝松下ディスプレイテクノロジーは、先日発表した裸眼立体ディスプレイを展示している。

photo

 発表会時のディスプレイは水平に置いた画面を使う“平置き”タイプだったが、今回は平置きとともに縦置きタイプも展示。特別なメガネなしで体験できる自然な3D映像を見るため、ブース前には順番を待つ人の長い行列ができていた。

photo 縦置きタイプも展示

 集客力という点ではどのブースよりも勝っていたのがソニー。SXRD搭載のフルHD対応70V型リアプロジェクションTV「QUALIA 006」やLEDバックライトシステム“トリルミナス”を使った「QUALIA 005」の“感動の映像”に、誰もが足を止めて見とれていた。

photo SXRD搭載のフルHD対応70V型リアプロジェクションTV「QUALIA 006」
photo LEDバックライトシステム“トリルミナス”を使った「QUALIA 005」

 三洋エプソンイメージングデバイスのブースでは、視野角制御バックライトを使った「2画面ディスプレイ」を展示。1画面を異なる角度から見るとそれぞれ違う映像を見ることができる。カーナビ用途に考えられた技術で、運転席側からはカーナビの地図画面なのに助手席側から見るとDVDやTVの映像が楽しめるという“1粒で2度美味しい”ディスプレイなのだ。2画面だけでなく、裸眼立体視が可能な3Dモードも備えている。

photo 正面から見た時(上)、左ナナメから見ると天気情報(左下)、右ナナメからはカーナビの地図(右下)
photo
前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.