ITmedia NEWS >
Special
» 2005年06月13日 00時00分 公開

レビュー:テレビの魅力をシンプルに追求―――リビングへ自然に溶け込む「新・LIVINGSTATION 」 (1/2)

“大画面テレビの新時代”を切り拓いたLIVINGSTATIONに、新しく“S”シリーズが加わった。テレビとしての魅力をシンプルに追求しているこの期待の新製品を、実際に自宅に置いてレビューしてみた。

[ITmedia]

 いわば、直視型と投影型の中間ともいえるリアプロジェクションテレビ(リアプロTV)。日本ではあまり注目されなくなっていた同分野だが、高性能と低価格を両立させたエプソンのLIVINGSTATION(リビングステーション)「ELS-47P1」「ELS-57P1」が昨年5月に突如登場するとともに、“大画面テレビの新時代”が切り拓かれた。

 すでに知っているというユーザーも多いだろうが、エプソンは高温ポリシリコンTFT液晶パネル(HTPS)の供給元でもある。特に投影式の分野では高いシェアを確保し、大手家電/AVメーカーのフロントプロジェクター製品も、同社製パネルを採用しているケースが多い。その高品位な液晶パネル(3LCD方式:HTPS-液晶3板式)をコアに、投写ランプ、投写レンズを利用して、内部からスクリーンへと投影されるLIVINGSTATIONの映像は、旧来のリアプロTVの概念を大きく変える品質であった。

 さらに今年2月にはマイナーチェンジモデルとして、ピュアブラックスクリーンを採用した「ELS-47P2/ELS-47P2G」「ELS-57P2/ELS-57P2G」も登場。映り込みを大幅に抑えるとともに、高いコントラスト感と、さらなる自然な色合いを手にし、当面の“リアプロTV完成形”にまで到達したかに思われた。

 しかし、このLIVINGSTATIONに、さらなる新機種が登場した。今回ラインアップに追加される“S”シリーズは、よりシンプルに、テレビとしての魅力を追求している。

photo 新しいLIVINGSTATION“S”シリーズ

 初代の“P”シリーズはフォトプリンタやメモリカードスロットを装備し、デジタルカメラなどで撮影した画像を閲覧したり印刷したりと、エプソンならでは味付けがなされていた。今回の“S”シリーズは、フォトビューワ+プリント機能のような絶対的な個性は持たされていないものの、その分、コストパフォーマンスは比類なきレベルにまで高められている。

 47V型の「ELS-47S1」ではなんと30万円を切る、29万8000円という低価格を実現。さらに、57V型の「ELS-57S1」でも39万8000円にとどまっている。今回はこのうち、57V型モデルを自宅へ設置し、1週間ほど試用してみた。


 57V型ともなると、画面のサイズは約126×71センチにも及ぶ。しかし「ELS-57S1」ではベゼル(画面の枠)が極めて狭いため、本体の幅は134センチしかない。また、“P”シリーズ同様、奥行きは約41センチで、リアプロTV特有の画面下スペースも必要最小限に抑えられているため、高さも100センチ程度にとどまっている。

photo

 テレビ機能に特化してシンプル化した恩恵は、サイズよりもむしろ重量に反映されている。従来モデル(ELS-57P1/2)の56キロという重さも、57V型という画面サイズを鑑みればかなりの軽量級といえたが、「ELS-57S1」ではさらに軽くなって49キロを実現。つまり、従来モデルの47V型(ELS-47P1/2)とほぼ同じ重量になったのだ。しかも、今回のモデルでは、単に機能を削ぎ落としたわけではなく、待望の地上/BS/CS110度デジタル放送チューナーを内蔵した。デジタルチューナー分は重量が増えているはずなのに、全体では軽量化を実現しているのである。

 大画面テレビの購入で頭を悩ませるのが、配送や設置の問題だ。いくら軽量なLIVINGSTATIONでも、幅1メートル前後という迫力の画面サイズが搬入の時にはネックとなり、作業人員も必ず2人は必要になる。実はこの製品を借りてレビューすると決まったとき、搬入・設置の面で少々気が重かった。

 しかし、実際にはその心配は杞憂だとすぐにわかった。LIVINGSTATIONの価格には、搬入から設置までの料金が含まれているのだ。これは充実したサービスを誇るLIVINGSTATIONならではの魅力の1つでもある。専門スタッフが自宅まで直接納品し、ユーザーの指示する場所に設置。テレビ放送が視聴できるまでセッティングして、不要なダンボール空箱まで回収してくれる。

 心配していたサイズに関しても、カタログの数値で見ると、かなり大きな印象だが、実質的には、幅は標準的な2人掛けソファと同じか、やや短い程度なので、リビングに無理なく設置できる。

 入力端子は、ビデオ1〜3がコンポジット/S映像、ビデオ4〜5がD映像で、各々にステレオ音声入力が付属。このうち、ビデオ3のみが前面中央のパネルを開けた部分に配置されている。前面はもちろん、背面に関しても、本体が大きい分だけ、無理なく接続作業が行える。ほかに、デジタル放送をダイレクト録画するためのi.Link(TS)端子も2基装備ずみだ。

photo 背面にはD端子やi.Linkなど豊富な接続端子を装備

 DVI/PC入力がなくなったのは、やや残念だが、実際の使用を考えると、PCと接続するケースは少ないのかもしれない。どうしても必要というユーザーは、“P”シリーズも継続して販売されているので、そちらを選ぶといいだろう。

       1|2 次のページへ

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.