ITmedia NEWS >
ニュース
» 2005年12月09日 22時28分 公開

美しい技術の展示会、「L.E.D.展“MOVE”」開幕(2/2 ページ)

[芹澤隆徳,ITmedia]
前のページへ 1|2       
photo 見上げるサイズのヒューマノイド「Cyclops」(サイクロプス)

 2体並んで周囲をキョロキョロしているのは、1つ目のヒューマノイド「Cyclops」(サイクロプス)。人と同じような柔軟な背骨を持ち、頭部のカメラで“動くモノ”を検知すると、人工筋肉を動かして、その方向を向く。「愛・地球博」にも長期展示されていたから、見た人も多いかもしれない。

photo Cyclopsの視界。動く物体を検知すると、その部分が赤くなる

 「Hallucigenia 01」(ハルキゲニア・ゼロワン)は、千葉工業大学の「未来ロボット技術研究センター」(fuRo)が開発した未来型の車両。4対の脚にそれぞれ車輪がついていて自由に向きを変えることができる。水平移動や回転なども自由自在。凸凹した道では、歩くこともできる。

photo 「Hallucigenia 01」。今回はBluetoothを使ってPCから操縦していた
photo 「morph3」。アニメの1シーンのようでカッコいい

 同じくfuRoのヒューマノイドロボット「morph3」。morph3といえば、運動性能の高さもさることながら、記念切手になったり、子どもたちにバラバラにされたりと、多忙な生活で知られるロボット界のアイドル。そのため(?)、今回はメンテナンス風景という変わった趣向で展示されている。

photo 外装を外した「morph3」

 その奥では、研究員の方がPCのキーボードを忙しく叩いていた。話を聞いてみると、前述の「WIND」を使って「Hallucigenia 01」を操作するプログラムを作っているという。メンテどころか、ロボットの開発が目の前で進行中だ……。

 ちなみに開発の進捗状況は、午後18時の時点で「8割程度」とのこと。明日は人の身振りで動き回る「Hallucigenia 01」を見られるかもしれない。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.