ITmedia NEWS >
特集
» 2005年12月31日 03時58分 公開

ヘッドフォンアンプ高音質化作戦〜Stage1「オペアンプ交換」大人の冬休み電子工作(4/4 ページ)

[本田雅一,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4       

そしてStage2へ

 使用したACアダプタは特にオーディオ用というわけではなく、Stage 2用の部品を買いに行ったついでに立ち寄った秋葉原の秋月電子で購入した汎用品である。

photo 秋月電子で1000円で販売していた12ボルト2アンペア仕様のACアダプタ。力感は出たがS/N感はさほど向上せず。電源をどうするかもStage2でのテーマになる

 しかし交換することで、少なくとも低域から中低域にかけての力感がグッと増してきた。膨張感は抑えられたまま、低音の立ち上がりが力強くドスっと響いてくる。コレコレ。コレですよ。

 もっとも相変わらず中高域から上のクセは取りきれない。ACアダプタの変更により、その程度や傾向は若干変化するが、基本的な音の印象は同じだ。しかし、PCに接続してヘッドフォンアンプとして使うとなると、主な用途はBGM。リラックスできる音を目指したいところ。

photo 現在、Stage 2の作業中。とりあえず主要な部品を取り付けてエージングを進めている。落ち着いてきたら、今度は振動対策を行っていく予定

 しかしここから先は、本格的な改造の世界。ということで、なるべく簡単な改造で音質を好みの方向に変えていくため、部品交換や追加を含めた改造……Stage 2へと歩を進めることにした。

 とりあえず、部品を購入し、振動や輻射波対策を施しながら傾向を見つつエージングを進めているところ。部品をオーディオグレードにする事でも、もちろん音は変化するが、むしろ振動対策の方が音質への影響は大きいようだ。もちろん、電源の改善もS/N感の向上には不可欠。

 果たしてその結果は? エージングと調整が済み次第、追ってお伝えしたい。

前のページへ 1|2|3|4       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.