ITmedia NEWS >
レビュー
» 2006年04月17日 17時33分 公開

レビュー:広角も望遠もブレ補正も接写もOK――リコー「Caplio R4」 (5/5)

[永山昌克,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5       

作例

photo 最低感度のISO64を選んだのでシャッター速度は1/7秒となった。ワイド端なら、このくらいのシャッター速度でも手持ちで安心して撮れる
photo 内蔵ストロボを自動発光させ、ワイド端で撮影。本物ではなく模型の野菜だが、それぞれの色が鮮やかに描写された
photo 露出やホワイトバランスはオートのままだが、夕方の空の雰囲気を狙い通りに再現できた。細部の解像感も十分なレベル
photo -1.7の露出補正を加えて、あえてアンダーで撮影。光学7.1倍ズームと手ブレ補正があれば、いろんな表現を試してみたくなる
photo ホワイトバランスを太陽光、色の濃さをプラスにセットしたので、夕日がより鮮やかな色合いとなった
photo 上と同じ設定でもう一枚。レリーズタイムラグが短いので、動きのある被写体も思った通りのタイミングで撮りやすい
photophotophoto
photophoto 左上からISO64、ISO100、ISO200、ISO400、ISO800で撮影。高感度の画質は、今どきの基準では、もう少し頑張ってほしいところ
前のページへ 1|2|3|4|5       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.