ITmedia NEWS >
トップ10
» 2007年01月30日 17時37分 公開

LifeStyle Weekly Access Top10:なんとなく、クリステル

タカラトミーのワンセグポータブルテレビ「SEGNITY」は、ツンデレ仕様の音声ナビゲーション機能を搭載。日常に疲れた男達の心を癒してくれそうな期待の新製品だ。

[芹澤隆徳,ITmedia]

 やっぱりというか、案の定というか、先週のトップは「ツンデレ標準搭載のワンセグテレビ」だった。タカラトミーのワンセグポータブルテレビ「SEGNITY」は、ツンデレ仕様の音声ナビゲーション機能を搭載。日常に疲れた男達の心を癒してくれそうな、期待の新製品である。

photo タカラトミーのワンセグポータブルテレビ「SEGNITY」。1万9800円で夏頃発売

 「ワンセグの登場で、テレビを安く作る環境が整った」と同社。液晶パネルなど部材の低価格化も合わせ、玩具の価格帯から大きく外れることなくポータブルテレビを作ることができるという。今後もアイデア勝負のユニークなテレビが登場しそうだ。

 とはいえ、“ツンデレ仕様”の液晶テレビなど、一体どこから思いついたのか。

 キッカケはフジテレビ、だった。

 “玩具メーカーらしいテレビ”を検討していたタカラトミーの開発陣は、あるニュース番組に目をとめる。画面に映っていたのは、日本人とフランス人のハーフとして知られる、あの美人女性キャスター。その姿と知的な話し方で、男女を問わず幅広い年齢層に人気がある。

 ひらめいた。

 そのワンセグテレビは、すばらしい機能を備えていた。平日の23時になると自動的に電源がオンになり、チャンネルを強制的にFNN系列局に切り替える。つまり、どんなに忙しいときでも、モナリザのように“斜め45度”に構えたあの美しい姿を見逃さない仕組み。重ねて書くが、すばらしい機能である。

 結局、さまざまな“大人の事情”により、この企画が日の目を見ることはなかった(一応、製品化をお願いしてきた)。そこからツンデレに至るまで、どのような紆余曲折を経たのかは定かではないが、共通するのは、どちらも遊び心と男心(?)が満載という点だ。ワンセグの登場は、“遊べるテレビ”という新しい潮流を作り出すのだろうか。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.