ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年02月09日 18時22分 公開

オンキヨー、フラグシップ直系技術搭載のアンプ/CDプレーヤー

オンキヨーはデジタルプリメインアンプ「A-973(S)」とCDプレーヤー「C-773(S)」を発売する

[ITmedia]

 オンキヨーは2月9日、デジタルプリメインアンプ「A-973(S)」とCDプレーヤー「C-773(S)」を3月上旬より販売開始すると発表した。価格はA-973(S)が5万2500円、C-773(S)が3万9900円。

 A-973は同社高級製品向けに開発されたデジタルアンプ技術「VL Digital」を搭載することで、デジタル特有のノイズを低減し高精度なA/D変換を実現するフラグシップ直系機。音量に連動してプリメインの増幅幅も変化させることでノイズの増幅を抑制する「オプティマムゲイン・ボリューム回路」なども備える。もちろんピュアダイレクトモードも用意されている。

photo A-973(S)

 フロントパネルと各ツマミは高剛性のアルミ素材を採用するほか、電源コンデンサ/スピーカー出力ラインに銅バスプレート、電源部には大容量の特別仕様コンデンサなど、各所に高品位なパーツを搭載した。新型のMM型カートリッジ対応のフォノイコライザーを搭載しており、アナログレコードも高品位に楽しめる。

 定格出力は40ワット×2で、入力端子はアナログ×6、出力端子はアナログ×2。スピーカー端子×4(バナナプラグ対応)を備える。サイズは435(幅)×124(高さ)×334(奥行き)ミリ、7.3キロ。

 C-773には、D/A変換されたのちの信号に含まれているパルス性デジタルノイズを除去し、まったくノイズを含まないアナログ信号を生成する「VLSC(Vector Linear Shaping Circuitry)」を搭載しており、CD-DAはもちろん、CD-R/RWに保存されたMP3も高品質に再生する。

photo C-773(S)

 D/Aコンバーターは定評あるWolfson製の「WM8716EDS」(92kHz/24bit)。デジタル/アナログそれぞれに専用の電源回路を設け、相互干渉を防ぐ構造となっているほか、ディスクごとのサーボ量を自動調整するデジタルサーボも搭載されている。サイズは435(幅)×81(高さ)×315(奥行き)ミリ、4.4キロ。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.