ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年09月06日 21時24分 公開

iPod touchの薄さは「世界の七不思議」だスティーブ・ジョブズ氏基調講演(2/2 ページ)

[野村ケンジ,ITmedia]
前のページへ 1|2       

 ここでいよいよ真打ちの登場となった。まずiPhoneが映し出され、このテクノロジーを反映させた新しいiPodとして「iPod touch」が発表された。噂には聞いていたが、まさかこれほど早く登場しようとは多くの人が予想外だったのだろう。

 厚さが8ミリしかないこと、3.5インチワイドのタッチパネルを採用していること、ミュージックだけでなくビデオや写真にも対応すること、iPhoneと同様の直感的なタッチパネル操作、加速度センサーを使った縦横自動切り替えなど、ジョブズ氏がそのスペックをひとつひとつ紹介していくごとに、会場に呼ばれたプレスや関係者は一言も聞き漏らすまいと真剣な面持ちを見せていた。

photophotophoto iPod touchを紹介するジョブズ氏。豊富な機能を持ちながら厚さはわずか8ミリ。「iPhoneを発表したとき、この技術をいつiPodへ投入するのかと聞かれていたが、ここでその答えを示したい。iPhoneとほぼ同じユーザーインタフェースを搭載するが、とても薄くて8ミリしかない。この薄さは世界の七不思議だ(笑)」

 しかしジョブズ氏の紹介はiPod touch単体の機能にとどまらなかった。Wi-Fi(802.11b/g)搭載というこれまでのiPodとは一線を画すトピック、そしてそれを利用したWebブラウジングやYouTube閲覧機能搭載に続いて、iPod touchから直接iTunes storeの楽曲購入が行えるiTunes Wi-Fi Music storeが発表された。

photo 「iPod touch」。下段右端のアイコンでiTunes Wi-Fi Music storeへアクセスする

 PC/Macを使わなくとも曲を購入できるという、これまでのアップルにはなかった新たなスタンスは、今まで以上に顧客を拡大できる可能性がある。PC/Macに接続すればそちらにも購入した楽曲は転送されるので、外出中にも曲を購入できる手軽さもプラスされたことになる。新コンセプトを満載したiPod touchは、多くの人にとって魅力的な製品に見えるはずだ。

 続いて発表されたのは、Wi-Fiに関連したトピックStarbucksとの提携だ。同店舗では今後、iTunes Wi-Fi Music storeへ無料でアクセスできるようになる。現時点ではアメリカ国内の話で、しかもニューヨーク、シアトル、サンフランシスコなど都市部店舗からの対応と、全米規模の普及が始まるまではしばらく時間がかかりそうだが、日本でも同様のサービスが行われることを大いに期待したい。

 最後に(残念ながら)これは直接日本には関係しないトピックだが、iPhoneの8Gバイトモデルへの1本化と、599ドルから399ドルへという大幅な値下げも発表された。この価格だったら、と、日本のユーザーはさらに待ち遠しくなったはず。

photophoto 米Starbucksのハワード・シュルツ会長を紹介するジョブズ氏(左)、講演の最後は「プラダを着た悪魔」のOP曲でも話題になったケイティー・タンストールがライブを行った

 このように全4モデル、そしてiTunes Wi-Fi Music storeのスタートとStarbucksとの提携という、トピックスに満ち満ちた新iPodの発表会。最後にKT TUNSTALL(ケイティー・タンストール)のライブを聴き、すべてを言い終えたジョブズの顔には、満足げな笑顔が浮かんでいた。

関連キーワード

iPod | iPhone | iTunes | Wi-Fi | Apple | iPod nano | iPod shuffle | Safari


前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.