ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年12月12日 15時43分 公開

恐竜型ロボット「PLEO」、予約開始1週間で1000体完売

成長する恐竜型ロボット「PLEO」、予約開始1週間で初回出荷分の1000体を完売。

[ITmedia]
photo 「PLEO」

 ビジネスデザイン研究所は、12月1日より開始した恐竜型ロボット「PLEO」の予約受け付けを7日でいったん締め切った。注文数が事前の予定数量である1000体に達したためで、現在は第2次予約を受付中だ。第2次予約で注文したユーザーには、2008年1月中旬より注文順で製品がデリバリーされる予定。

 PLEOは“生後1週間のカマラサウルス”をモデルに、「ファービー」の開発者であるCaleb Chung氏が指揮を執り開発されたロボット。14個のサーボモーターと100以上のギアによってなめらかな動きをみせ、38個にもおよぶセンサーで周囲の変化をとらえ、状況に応じた動きを取る。

 「成長」の概念も組み込まれており、誕生期/幼少期/少年期と段階を踏むにつれて個性も身につけていく。また、ユーザー(飼い主)がどのようにPLEOに接していくかでどのように成長していくかも変化する。

関連キーワード

ロボット | デザイン | 眞鍋かをり


Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.