ITmedia NEWS >
レビュー
» 2007年12月21日 18時22分 公開

コンビニくじに“刻の涙”を見た脱戦士たちの戦い(7/7 ページ)

[芹澤隆徳,ITmedia]
前のページへ 1|2|3|4|5|6|7       
photo 「こんなものHUB」(参考資料)

 「こんなものHUB賞」――アムロが酸素欠乏症のオヤジに手渡され、「こんなもの!」と路上に放り投げた部品をモチーフにしたUSBハブ。“こんなものなリアリティ”を追求してあえてUSB1.1仕様だ。バンプレストの無駄なコダワリが実感できる。


 戦局は再び膠着状態に陥った。ニュータイプ(モノ好き)部隊は全滅。最後の手段はソーラ・レイならぬ「くじ箱買い」だが、国庫はとっくに尽きている。

 宇宙世紀××。

 +D編集部とサンク○国際ビル店の間に終戦協定が結ばれた。

 戦士たちは仕事に戻った。

 「ごめんよコンビニのお姉さん。ぼくにはまだ帰れるところがあるんだ。こんなに嬉しいことはない」

 負け惜しみが深夜のオフィスビルにこだました。

前のページへ 1|2|3|4|5|6|7       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.