ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年12月21日 19時49分 公開

シャープと東芝が業務提携、東芝は大画面有機ELを「見送り」

シャープと東芝が業務提携を発表。東芝は大型液晶パネルをシャープから購入する判断を下し、大画面有機テレビの投入は見送られた格好だ。

[ITmedia]
photo 握手を交わすシャープの片山社長(左)と東芝の西田社長(右)

 シャープと東芝は12月21日、液晶と半導体分野での提携を発表した。シャープが液晶テレビ用LSIを東芝から、東芝がシャープから大型液晶パネルの購入を行う相互供給を柱とし、提携領域の拡大も視野に入れてゆく。

 「詳細については今後詰めていく」(シャープ 取締役社長 片山幹雄氏)という状態だが、2010年度にはシャープは東芝から液晶テレビ用システムLSIを約50%、東芝がシャープから32V型以上の液晶パネルを約40%、相互に購入することを目標とする。

 東芝は2009年度中の大画面有機ELテレビ出荷を断念したばかり(→東芝、有機ELテレビの発売を延期)。同社代表執行役社長の西田厚聰氏は「大画面分野においては、有機ELよりも液晶の方が優位の状態が長く続くと判断した。次世代大型は液晶で行く」とシャープから大型液晶パネルを購入する意図を説明する。「1社で競争力を持つ製品をつく出すことは難しくなっており、提携は必然。強い液晶と強い半導体の提携であり、Win-Winの関係を構築できる」(西田氏)

 シャープとしては2010年の稼働開始を予定している新工場の安定稼働が見こめるほか、液晶テレビ用LSIへの設備投資が軽減されるため、液晶テレビ/パネル製造へ経営資源を注力できる。「LSIについては、携帯用イメージャーと液晶用ドライバーへ集中していきたい」(片岡氏)

 現在、東芝は液晶パネルの製造開発を行うIPSアルファテクノロジ(東芝・日立製作所・松下電器の合弁会社)と有機ELディスプレイの開発を行う東芝松下ディスプレイへ資本出資しているが、IPSアルファテクノロジについては出資分を売却する方向で検討を進めることを西田氏が明言した。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.