ITmedia NEWS >
特集
» 2010年12月23日 00時16分 公開

プレゼントにも:自分へのご褒美に、1万円前後で買えるオーバーヘッド型ヘッドフォンを一気レビュー (5/8)

[野村ケンジ,ITmedia]

あのO'NEILLとコラボした個性派、フィリップス「SHO9560」

 サーフィンのウエットスーツやスノーボードなどで有名なスポーツブランド、O'NEILL(オニール)とのコラボレーションによって誕生した製品がこのSHO9560だ。

フィリップス「SHO9560」

 オニールならではのグラフィックデザインや、クリア素材を採用するオーバーヘッド・バンドなど、一目でそれと分かる個性的なスタイルを持つ。とはいえ直径40ミリスピーカーの採用や12〜24kHzの再生周波数特性などから、音質に関しても妥協のない点が伺える。

ユーザビリティー

 クリア素材で幅の細いヘッドバンドは見かけからかなり不安を持ったが、その内側に付属すストレッチバンドによってホールド性はしっかりしている。逆に使い慣れてくるまではきつく感じるかもしれない。イヤーパッドはフルカバータイプだが、少し小さめで耳たぶが大きい人だと内側で当たってしまうのが難点。ケーブルは布製の表皮が採用されており、振動や擦れによる雑音がそれほど気にならない点は好感がもてる。


サウンドの特長

 外見と同様、オニールを“欲しい”と思うユーザーに思いっきりフォーカスを定めたサウンドバランス。女性ボーカルやメイン楽器の高音部を印象的にし、低音は早めにあきらめつつたっぷりとしたボリューム感を確保、演奏の迫力を数割増強している。要するに、ヒップホップや打ち込み系の音楽にぴったりのサウンド。生楽器ではハイハットが打ち込みにしか聞こえないなど多大なる弊害を持つが、こと得意ジャンルになると、低音のリズムがより印象的なものとなりグルーブ感が数段向上する。

 得手不得手の激しい製品なので、デザインを気に入って購入したいと思っても、自分の聴く音楽ジャンルをよくチェックする必要がある。ちなみにロックもギター音が抜けきらない演奏になってしまうので注意。

音質評価項目  
解像度 (粗い−○−−−きめ細かい)
帯域幅 (ナロー−○−−−ワイド)
帯域バランス (低域重視○−−−−フラット)
音色傾向 (ウォーム−○−−−クール)

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.