ITmedia NEWS >
ニュース
» 2015年01月11日 16時49分 公開

2015 CES:CESで見つけた“注目のヘッドフォン”総集編 (7/8)

[山本敦,ITmedia]

「レスポール」みたいなヘッドフォン! GIBSON

 米Gibson brandsによるオリジナルブランドのヘッドフォンが2機種出展されている。ともにギブソンを代表するエレキギターの銘機「Les Paul」と「SG」をそのままヘッドフォン化したような、ウッドとメタルのコンビによるゴージャスなデザインが特徴だ。今回の実機はプロトタイプということで、価格や発売時期は明らかにされていなかったが、2015年後半ごろの商品化を目指して開発が進められている。

Gibson「Les Paul」

 「Les Paul」は開放型のアラウンドイヤーヘッドフォン、「SG」は密閉型のオンイヤーヘッドフォン。レギュラーモデルのほかに、木製のハウジングやヘッドバンド、イヤーパッドの着色を好みに応じてカスタマイズできるようにもなる。ともに通常のアナログ接続のモデルのほか、Lightning端子を搭載するデジタル接続のモデルがある。SGはBluetoothのワイヤレスモデルを加えた3ラインアップになるようだ。

密閉型の「SG」は3種類のラインアップ

 エンジニアリングにはギブソングループ傘下のWOOX Innovations社でフィリップスのオーディオ製品を担当するスタッフも加わるという。

ウサイン・ボルト監修のスポーツヘッドフォン――オンキヨー

 同じくギブソングループのブランドであるオンキヨーからは、フィリップスの「M2L」と同じLightning直結でハイレゾ再生にも対応するヘッドフォンの試作機が公開されている。本機も音づくりにWOOX Innovationsのメンバーが参加しているという。従来のオンキヨー製ヘッドフォンから音が変わるのか、楽しみなところだ。

オンキヨーが試作したLightning搭載ハイレゾヘッドフォン

 Gibson Brandsから、もう1つ注目したいトピックスがある。アスリートのウサイン・ボルトが監修するスポーツヘッドフォン「TRAINER」だ。スポーツを楽しむアクティブなユーザー向けのヘッドフォンブランドとして誕生した「TRAINER by Gibson」の第1弾製品で、イヤーパッドを取り外して水洗いができたり、本体のフラッシュライトを点滅させてランナーの安全を守るなど、スポーツと音楽をどちらも一緒に楽しむための贅沢な仕様が盛り込まれている。

TRAINER by Gibsonのヘッドフォン

暗い場所でのランニングをサポートするLEDが点灯する

ウサイン・ボルトが監修した

 価格は239ドルで、ブラックとホワイトの2色がそろう。本機の音づくりに関わるWOOX Innovationsの担当者は「ギブソングループのメンバーとなったことで、フィリップス以外のブランドにもチャレンジができるようになった。その最初のブランドがTRAINERだ」と意気込む。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.