インタビュー
» 2013年05月08日 08時01分 公開

仕事をしたら“けしからん奴”を見つけた:アフィリエイト市場が拡大している――その要因は意外にもあの業界のお客さん (7/7)

[土肥義則,Business Media 誠]
前のページへ 1|2|3|4|5|6|7       

土肥:うーん、それにしても納得いきませんねえ。右に掲載されている運営者は、他人のふんどしで相撲をとっているような感じがして。

木村:ただ上に表示されると、ものすごくクリックされます。ということは、それ相当の広告費を支払わなければいけません。払っているお金とアフィリエイトで手にするお金――その収支のバランスがとれていないと、続けることはできません。逆に、収支がとれなくて、やめていく運営者もたくさんいます。

土肥:紹介していただいた事例以外にも、いろいろな手口があるんですよね。よからぬ奴らの手口が。

木村:ありますね。パトロールをしても、次々に新たな手口が出てきます。いわば“いたちごっご”ですよね。新しいデバイスが増えれば、デバイスごとに手口が増えています。とはいえ、そうした人たちの違反行為は許してはいけません。

土肥:24時間パトロールですね。私のほうでも「ちょっとこいつ怪しいなあ〜」と思ったら、木村さんに通報しますね(笑)。

木村:お待ちしています(笑)。

前のページへ 1|2|3|4|5|6|7       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間