インタビュー
» 2013年05月08日 08時01分 公開

仕事をしたら“けしからん奴”を見つけた:アフィリエイト市場が拡大している――その要因は意外にもあの業界のお客さん (4/7)

[土肥義則,Business Media 誠]

ASPにとってハイリスクな業界

バリューコマースの木村康夫さん

土肥:話は変わりますが、アベノミクス効果などもあって、いまは株価がどんどん上がっていますよね。それに比例してネット証券の口座数も増えていますが、そうした影響も御社にはあるのでしょうか?

木村:ありますね。全体の構成比でみると、まだまだ少ないのですが、確実に伸びてきています。

土肥:そういう意味でいうと、世の中の流れというか、経済の流れといったものが、アフィリエイトを見ればチラッと分かるといった感じですね。

木村:ですね。例えば、景気がよくても景気が悪くても、物販はあまり影響しません。人間が生活していくうえで、最低限必要なモノってありますからね。そうしたモノは景気にあまり左右されません。

 ただ事故が起きたり、法律などの規制が入ることによって、業界動向が大きく左右されてしまうと、アフィリエイトにも影響があります。例えば、人材関係でいうと、労働者派遣法が改正されました。派遣法が改正されるまでは好調だったのですが、規制が入ることによって、広告の出稿量が減少しました。そうなるとASP側からすると、ハイリスク・ハイリターンな業界になるわけですよ。

 その一方、先ほども申し上げた物販系は景気にあまり左右されないので、アフィリエイトを掲載されているWebサイトも「細く・長く」運営しているところが多いですね。

土肥:ということは、人材系は「太く・短い」といった感じですかね。

木村:浮き沈みが激しくて、いまでは広告を出稿できなくなっているところもありますね。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間