調査リポート
» 2013年09月09日 13時20分 公開

SNSでシェアしたい情報、ニュースよりも友達のつぶやきまとめサイトの存在感大きく(2/2 ページ)

[Business Media 誠]
前のページへ 1|2       

ネットで知った情報は、さらに詳細を検索する

 ニュースや情報を知った後に、その詳細をさらに知るために検索するかどうかを情報源ごとに聞いたところ、「テレビ」では94.2%が、「新聞」では80.1%が、「インターネット」では97.8%が「検索することがある」と回答した。特にインターネットでは、「よくある」と答えた人の割合が38.3%と他の2媒体よりも高いのが特徴的だ。

 インターネットを使った調査で、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県に住む、ソーシャルメディア上で「ニュース」や「話題」のリンクを拡散した経験のある15歳以上の男女600人が対象。調査時期は2013年3月。

前のページへ 1|2       

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセスランキング
  • 本日
  • 週間

    Digital Business Days

    - PR -