ビジネスオンライン  >  キーワード一覧  > 

  • 関連の記事

「市場調査」関連の最新 ニュース・レビュー・解説 記事 まとめ

パワー製品は25億ドル規模に:
化合物半導体基板市場、年平均17%成長で29年に33億ドル規模へ
市場調査会社のYole Groupによると、化合物半導体の基板市場は2023年から2029年までの間、年平均17%の成長が期待されている。2029年には33億米ドル規模の市場に成長する見込みだという。(2024/2/20)

電動化:
車載電装システムの世界市場は2035年に95兆円に拡大
富士キメラ総研は車載電装システムのグローバル市場調査の結果を発表した。(2024/2/20)

コード決済はPayPay、非接触決済はモバイルSuicaが最多利用 MMDが調査
MMD研究所は、2月13日に「2024年1月決済・金融サービスの利用動向調査」の結果を発表。普段利用している支払い方法や利用しているクレジットカード、QRコード/非接触決済などを発表している。(2024/2/14)

株式会社LabBase提供ホワイトペーパー:
PR:職種の確約は必須? 調査から見えた理系学生の獲得競争を勝ち抜くヒント
さまざまな業界で人材不足が叫ばれる中、理系学生の獲得競争が特に激化している。企業が理系学生を求める中、どのように採用活動を進めていけばよいか。2024年卒・25年卒の理系学生を対象に行った就活動向調査を基に考えていく。(2024/1/25)

今日のリサーチ:
2023年スーパーマーケットの売れ筋ランキング
160万人のレシートデータから見る購買動向調査の結果です。(2024/1/24)

2400人に聞いた:
「人間関係リセット」4割が経験、なぜ? 転職繰り返す人も
職場やプライベートなど、さまざまなシーンにおいて人間関係をリセットした経験がある人は4割に上ることが、市場調査会社クロス・マーケティング(東京都新宿区)の調査で分かった。人間関係をリセットしたきっかけとは――。(2024/1/19)

2023年スマホ世界シェア、Appleが初の1位に 13年間トップだったサムスン陥落
米調査会社のIDCが、2023年のスマートフォン市場調査結果を発表した。米Appleが史上最高の市場シェアを獲得し、通年シェアで初めて首位に立ったという。2010年から韓国Samsung Electronicsがシェアトップをキープし続けていた。(2024/1/18)

急成長のNVIDIAが初のトップ5:
2023年の世界半導体売上高ランキング、Intelが3年ぶりにトップ
米国の市場調査会社Gartnerによると2023年の世界半導体売上高(速報値)ランキングで、Intelが3年ぶりにSamsung Electronicsを上回り、売上高トップとなった。メモリベンダーの落ち込みは顕著で、前年5位のMicron Technologyはトップ10外に。一方急成長のNVIDIAが初のトップ5入りを果たした。(2024/1/17)

ジー・プラン株式会社提供ホワイトペーパー:
PR:ポイントサービスに関する市場調査:4つのユーザータイプのうち重要なタイプは
企業が展開するポイントサービスのユーザーは、大きく分けて4つのタイプに整理できるという。中でも、調査で見えてきたのが、影響の大きい2つのタイプだ。注目したいこれらのタイプに、どのようにアプローチすればよいのだろうか。(2024/1/5)

国内ITインフラ運用動向を分析:
2025年には約4分の1の企業が「マネージドサービス」を利用する IDC
IDC Japanは、国内ITインフラ運用動向調査の分析結果を発表した。それによると、ITインフラを自社のスタッフだけで運用している割合は低下しており、今後マネージドサービスを利用する意向が高まる見込みだ。(2023/12/18)

20代は6割が「スマホ依存症」自覚 老眼世代の50代は7割以上が「目に疲れ」
20代の約6割が「スマホ依存症」を自覚している──マーケティングリサーチ事業などを行うクロス・マーケティングが12月7日に発表した「目に関する調査(2023年)」で、スマートフォンに依存している実態が浮き彫りになった。(2023/12/8)

今日のリサーチ:
「データ分析に基づくマーケティング」の取り組み状況は?――ITR「IT投資動向調査2024」
ITRが毎年実施している「IT投資動向調査」の最新版の結果から、前年に続きIT投資に旺盛な傾向が継続していることが分かりました。(2023/11/23)

市場は底打ちも回復は緩やか:
半導体テスト装置市場、23年2Qは大幅に縮小し3年ぶりの低水準に
市場調査会社Yole Groupによると、半導体テスト装置市場は2023年第2四半期には大幅に縮小したものの、その後回復基調にあるという。(2023/11/17)

現場管理:
「ANDPAD」が導入シェアトップに、建設向け現場管理クラウドサービス市場調査
「建設業マネジメントクラウドサービス市場の動向とベンダーシェア」調査で、「ANDPAD」が導入企業数で6年連続シェアNo.1となった。(2023/11/9)

建設業の人材動向レポート(51):
建設業の転職動向「転職による全入職者は減少も、20代は大幅増」【独自調査】
本連載では、総合人材サービス会社で建設業向けの人材サービスを展開するヒューマンリソシアが、独自に調査した建設業における人材動向を定期レポートとしてお届けする。建設業従事者の人材動向に関する実態を解明し、建設業各社の採用・定着に向けた戦略を考えるうえで少しでもお役に立てれば幸いである。今回は、厚生労働省「雇用動向調査」をもとに、建設業の転職市場を調査した。(2023/11/8)

デル・テクノロジーズ株式会社提供ホワイトペーパー:
全73項目のIT投資動向調査から考察する、中堅企業の“IT活用のリアル”
日本経済を支える中堅企業は、今どのような局面を迎えており、この現在地からどこへ行こうとしているのか。2023年の「IT投資動向調査」から浮き彫りとなった諸課題は、未来へ向けた戦略確立の良い指針となるだろう。(2023/11/6)

2025年には100億ドル規模に:
世界の「CPaaS」市場の成長率、前年同期比15%増 Twillo、Vonage、Sinch、Infobipが争う
Synergy Research Groupは、世界のCPaaS市場の動向調査を発表した。(2023/10/31)

「日本企業は潜在的な可能性と活用用途を探るべきだ」:
「日本が世界に比べて優勢する状況は珍しい」 IDCが企業の生成AIの取り組みに関する調査結果を発表
IDC Japanは、生成AIの取り組みに関する国内と世界の企業ユーザー動向調査の比較分析結果を発表した。世界では、カスタマーサービス部門への影響を想定する割合が国内よりも高く、社内外の事業領域に対して幅広く生成AIの利用を検討していた。(2023/10/30)

SNS分析:
PR:もはや欠かせないSNSの製品口コミ分析 リスク管理にも役立つ直感操作の分析サービス
自社の製品競争力を高めるためには、市場調査やVOC(顧客の声)の収集、分析が欠かせない。SNSでの発信の重要性が高まる昨今、データ分析のスペシャリストでなくてもタイムリーにトレンドとニーズを把握し、分析をしたいだろう。こうした声に応えるのが「SNSソーシャルリスニングサービス」だ。(2023/10/19)

「デジタルビジネスに直結するビジネス成果」も期待:
「生成AIの活用が進めばITインフラの複雑化、分散化が進むだろう」 IDC Japan
IDC Japanは、国内ITインフラ支出動向調査の分析結果を発表した。同社は「ITインフラ投資に期待するビジネス成果はコスト削減や事業拡大に加え、顧客満足度の向上やイノベーションの加速といったデジタルビジネスに直結する項目が重視されていることが分かった」としている。(2023/10/17)

株式会社LabBase提供ホワイトペーパー:
PR:インターンで「化学系院生」を引き付ける、人事担当以外にこそ知ってほしい秘訣
優秀な人材を獲得するには、ターゲット層が就活で何を求めているのか、人事担当以外も熟知しておく必要がある。「化学系院生」の就活動向調査から、学生を引き付けるインターン設計など、採用を成功に導く秘訣を探る。(2023/10/3)

コロナ禍で就活に「ポジティブな影響」なぜ? 学生の7割が実感
RECCOO(東京都渋谷区)による「24卒学生6月就活動向調査」によると、24年卒の7割近くが、コロナ禍によって就活に「ポジティブな影響があった」と回答したことが分かった。(2023/9/29)

電動化:
FCVの2040年度の市場規模は乗用車が130倍、商用車が34倍に拡大
富士経済は燃料電池のグローバル市場調査の結果を発表した。(2023/9/22)

朝ドラの主題歌アーティスト 3位「桑田佳祐」、2位「星野源」、1位は?
マーケティングリサーチなどを手掛けるアーキテクト(東京都港区)は、運営する調査サイト「タレントパワーランキング」で、朝ドラの主題歌を歌っていたアーティストランキングを発表した。(2023/9/17)

脱炭素:
国内化学産業の“川上”のGHG排出量は2030年度に5969万tと予測
矢野経済研究所は、化学産業のカーボンニュートラルに向けた動向調査の結果を発表した。2030年度の温室効果ガスの排出量は5969万tと予測され、2025年度の予測と比較して2052万tの減少が見込まれる。(2023/9/14)

3Qからは回復の見込み:
23年2Qの世界ファウンドリー市場、上位10社は1.1%減
台湾の市場調査会社TrendForceは2023年第2四半期の半導体ファウンドリー市場調査結果を発表した。それによると、上位10社の売上高は前四半期比1.1%減のマイナス成長となったが、第3四半期からは回復に向かう見込みだという。(2023/9/12)

キーマンズネット まとめ読みeBook:
結局「オンプレでカスタマイズ」派が主流? ERP利用動向調査
ERPは経営資源を可視化し、企業の意思決定スピードを速めるための重要なツールだ。キーマンズネットが実施したアンケート調査を基に国内の利用状況を届ける。(2023/9/11)

CAGR31%で成長へ:
SiCパワーデバイス市場、2028年に90億米ドル規模に
フランスの市場調査会社Yole Groupによると、SiCパワーデバイス市場は2028年に約90億米ドル規模にまで成長するという。xEVが市場をけん引し、2022年から2028年まで年平均成長率(CAGR)31%で成長を続ける見通しだ。(2023/9/5)

クレジットカードやスマホ決済の利用シェアトップは? MMDが2023年決済/金融サービスを調査
MMD研究所が、8月28日に「2023年7月決済・金融サービスの利用動向調査」の結果を発表。クレジットカードやQRコード/非接触決済、銀行口座、証券会社などのシェアや利用状況を調査している。(2023/8/28)

電動化:
電動車はSUVやコンパクトカーで台数増加、ピックアップトラックも
富士経済は電動車のセグメント別市場調査の結果を発表した。世界的に人気なSUVで電動車の台数が大幅に増加する他、小型車の電動化が加速すると見込む。(2023/8/25)

電動化:
クラシックカーをEVに改造、グローバル市場は2035年に55兆円へ
SDKIはクラシックカーのエンジンを電動パワートレインに置き換えた「電動クラシックカー」の市場調査の結果を発表した。(2023/8/24)

乃木坂46の人気メンバーランキング 3位「梅澤美波」、2位「与田祐希」、1位は?
マーケティングリサーチなどを手掛けるアーキテクト(東京都港区)は、乃木坂46の人気メンバーランキングを発表した。(2023/8/13)

製造マネジメントニュース:
放熱部材の世界市場調査、2027年に43億5700万ドルになると予測
富士経済は、放熱部材の世界市場に関する調査結果をまとめた「2023年 熱制御・放熱部材市場の現状と新用途展開」を発表した。2027年の放熱部材の世界市場について、2022年比47.6%増の43億5700万ドルになると予測している。(2023/8/8)

電動化:
空飛ぶクルマ、建機、船舶……さまざまなモビリティで電動化が進展
富士経済はさまざまな電動モビリティの市場調査結果を発表した。建設機械や二輪車、船舶、航空機、いわゆる空飛ぶクルマなど四輪車以外のモビリティ15品目を対象に調査した。(2023/8/4)

メカ設計メルマガ 編集後記:
設計者が将来期待しているテクノロジーとは?
今年も「CAD利用動向調査」を実施しました!(2023/8/1)

2位Samsungはシェア下げる:
首位ソニーが3年ぶりシェア拡大、2022年CIS市場
フランスの市場調査会社Yole Groupによると、2022年のCMOSイメージセンサー市場は212億9000万米ドルと前年からほぼ横ばいに推移した。ランキング首位のソニーは3年ぶりにシェアを拡大し、Samsung Electronicsら後続との差を広げたという。(2023/7/27)

チタン合金フレームも:
iPhone 15向け新型CISに供給不足の懸念、TrendForce
台湾の市場調査会社TrendForceによると、2023年秋の発売が見込まれるAppleの「iPhone 15」および「iPhone 15 Plus」で採用予定のソニー製新型CMOSイメージセンサー(CIS)および、チタン合金フレームの供給不足が懸念されているという。(2023/7/25)

「クラウド分野は大幅な価格上昇に直面」:
IDCのクラウド支出動向調査、インフレ下で支出額は増加 長期見通しは?
IDCは、2023年第1四半期のクラウドコンピュートおよびストレージインフラハードウェア支出を購入用途別、購入者別、地域別に分類した結果を発表した。インフレの影響で需要は減少したが、平均販売価格が30%近く増加しており、非クラウドを上回った。(2023/7/25)

「自宅で過ごす」が多数:
夏休みの平均予算 前年より増えた? 減った?
マーケティングリサーチなどを手掛けるインテージ(東京都千代田区)は、夏休みに関する調査を実施した。(2023/7/18)

iPhoneでの採用も:
GaAs/InP系化合物半導体、民生用途が市場を加速へ
フランスの市場調査会社Yole Groupは2023年7月、ガリウムヒ素(GaAs)およびインジウムリン(InP)系化合物半導体に関する市場分析を発表した。同社は民生アプリケーションへの採用拡大が両市場の成長を加速するとしている。(2023/7/18)

アーキテクト調べ:
仮面ライダー出演俳優ランキング 3位「吉沢亮」、2位「菅田将暉」、1位は?
マーケティングリサーチなどを手掛けるアーキテクト(東京都港区)は、運営する調査サイト「タレントパワーランキング」で、仮面ライダーに出演したことのある俳優ランキングを発表した。(2023/7/15)

国内旅行に行く人は約6割:
今後1年の旅行意向、約9割「海外に行かない」 感染リスク以外の理由は?
マーケティングリサーチを手掛けるJ.D. パワージャパン(東京都港区)が旅行需要に関する調査結果を発表した。国内旅行は「行くと思う」と回答した層が62%を占めた一方、海外旅行は12%にとどまった。(2023/7/11)

23年後半からは回復の兆し:
逆風下のDRAM/NAND市場、Yoleが最新市場分析を発表
フランスの市場調査会社Yole Groupは2023年6月27日、DRAMおよびNAND型フラッシュメモリ(以下、NAND)の市場分析を発表した。両市場とも、2023年後半から回復に向かうと予測する。(2023/7/7)

サーバ&ストレージニュースフラッシュ
関西電力が“3万人超が快適に使えるVDI”の実現を託した「HCI」はこれだ
関西電力グループのHCI採用事例や、クラウドストレージの使用動向調査、データセンター事業者のクラウドストレージ導入事例など、サーバ&ストレージに関する主要なニュースを3本紹介する。(2023/6/30)

ChatGPTは結局「Excel先生」として輝く? 利用動向調査
NRIがChatGPTの利用動向調査の結果を発表した。情報収集や文章作成支援への期待はどの業種でも高かったが、ITプロが期待するのは「Excel関数教えて」。利用率が低い業界では別の可能性に期待しているようだ。(2023/6/28)

MVNOの契約数は3半期連続プラス、IIJとNTTレゾナントがシェア拡大 MM総研調べ
MM総研は、6月20日に「国内MVNO市場調査(2023年3月末時点)」の結果を発表。独自サービス型SIMの回線契約数は1312.1万回線と前年同期比で4.2%増になり、IIJとNTTレゾナントがシェアを拡大している。(2023/6/20)

製造マネジメントニュース:
偏光板の2023年世界市場、大型TV向け需要がけん引し前年比7.9%増と予測
矢野経済研究所は、ディスプレイに使用される偏光板と部材フィルムの世界市場調査の結果を発表した。偏光板の2023年世界生産量は、面積効果の大きい大型テレビ向けの需要が市場をけん引し、前年比7.9%増となる見込みだ。(2023/6/14)

2022年度下半期中途採用 「充足している」企業は何割?
リクルート(東京都千代田区)は、2022年度下半期(22年10月〜23年3月)の中途採用動向調査を実施した。その結果、中途採用が充足している企業(計画に対して100%以上採用できた企業)は20.6%だった。(2023/5/31)

TrendForceが予測:
AI需要増で2023年のAIサーバ出荷台数は40%増に
近年のAI需要の高まりを受け、AIサーバの出荷台数が2023年、前年比38.4%増と飛躍的に増加するという。台湾の市場調査会社TrendForceが予測を発表した。(2023/5/31)

NRIがChatGPTの利用動向調査を公開 日本はユーザー数世界第3位
NRIはChatGPTの利用動向調査の結果を公開した。日本は世界的に見てもChatGPTのユーザーが多く、その多くがこのツールに対して肯定的な評価をしている。(2023/5/31)


サービス終了のお知らせ

この度「質問!ITmedia」は、誠に勝手ながら2020年9月30日(水)をもちまして、サービスを終了することといたしました。長きに渡るご愛顧に御礼申し上げます。これまでご利用いただいてまいりました皆様にはご不便をおかけいたしますが、ご理解のほどお願い申し上げます。≫「質問!ITmedia」サービス終了のお知らせ

にわかに地球規模のトピックとなった新型コロナウイルス。健康被害も心配だが、全国規模での臨時休校、マスクやトイレットペーパーの品薄など市民の日常生活への影響も大きくなっている。これに対し企業からの支援策の発表も相次いでいるが、特に今回は子供向けのコンテンツの無料提供の動きが顕著なようだ。一方産業面では、観光や小売、飲食業等が特に大きな影響を受けている。通常の企業運営においても面会や通勤の場がリスク視され、サーモグラフィやWeb会議ツールの活用、テレワークの実現などテクノロジーによるリスク回避策への注目が高まっている。