折りたたみスマホ、世界市場トップはSamsungからHuaweiへ──Counterpoint調べ

» 2024年06月03日 11時01分 公開
[佐藤由紀子ITmedia]

 香港に拠点を置く調査会社Counterpoint Researchは5月30日、折りたたみ式スマートフォンの2024年第1四半期(1〜3月)の世界市場調査結果を発表した。

 折りたたみスマートフォン全体の出荷は前年同期比49%増と、過去6四半期で最高の増加率だった(出荷台数はプレスリリースに明示されていない)。

 foldable 1 世界折りたたみスマートフォン出荷市場調査結果(画像:Counterpoint Research)

 これまでトップの座を維持してきた韓国Samsung Electronicsを中国Huaweiが抜いて初めて首位に立った。昨年発売のブック型(横開き型)「Mate X5」が好調で、前年同期比257%という大幅な増加率だった。Huaweiは今年4月にはクラムシェル型(縦開き型)の「Pcket 2」も発売した。Mate X5は中国の折りたたみスマホ市場では3四半期連続で首位だった。

 mate x5 Mate X5

 3位の中国HONORと4位のMotorolaは中国以外の市場でも好調だ。HONORのブック型モデル「Magic V2」は、欧州で2024年第1四半期で最も出荷された折りたたみモデルになった。Motorolaの「razr 40」は北米でトップモデルになり、Motorolaは世界市場シェアを8ポイント伸ばして4位につけた。

 また、ブック型とクラムシェル型では、ブック型が55%と人気のタイプが逆転した。

 とはいえ、Samsungは近いうちにクラムシェル型の「Z Flip6」(仮)を発表し、このモデルで首位奪還を目指すとCounterpointはみている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

アクセストップ10

2024年06月14日 更新
  1. 「iOS 18」ではホーム画面の好きな場所にアプリを配置OK 「神アプデ」の一方で「Androidの何周遅れだよ」との声も (2024年06月13日)
  2. KDDIの「Google メッセージ」採用で「+メッセージ」はどうなる? iOS 18のRCS対応も追い風に (2024年06月12日)
  3. 小池百合子都知事、生成AIを使った“AIゆりこ”動画を公開 再びニュースキャスターに (2024年06月13日)
  4. 総務省が“スマホ不適切販売”の覆面調査 ドコモが最多、ソフトバンクが前回最下位から2位に好転 (2024年06月13日)
  5. 「iOS 18」の対応機種はiOS 17と同じ、iPhone XS/XRは今年も対応 (2024年06月11日)
  6. 2023年に特殊詐欺に悪用された携帯電話回線数は? 河野大臣、契約時に「マイナンバーカードICチップの読み取り」を強く推奨 (2024年06月12日)
  7. 「Xperia 1 VI」が1位、「Galaxy S24/24 Ultra」も人気 読者アンケートで選ばれた、夏のハイエンドスマホ (2024年06月12日)
  8. ドラレコの熱対策にも ルームミラーに固定する折りたたみ傘式サンシェード「CarUB V3(2024)」発売 (2024年06月12日)
  9. ZTEのエントリースマホ「Blade A75 5G」は“カメラフォン”風デザインがクール (2024年06月13日)
  10. 「LINE Pay」が国内でサービス終了に、2025年4月まで順次 残高はPayPayに移行可能 (2024年06月13日)
最新トピックスPR

過去記事カレンダー