ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2006年07月27日 08時46分 UPDATE

Netscape.com、ハッキングされる――犯人はDiggファン?

Netscape.comのサイトが脆弱性を突いてハッキングされ、JavaScriptのコードが仕掛けられた。Digg.comファンの仕業のようだとF-Secure。

[ITmedia]

 米AOLが運営するNetscape.comのサイトがハッキングされたと、セキュリティ企業のF-Secureがブログで報告した。

 F-Secureによれば、Netscape.comはクロスサイトスクリプティング(XSS)の脆弱性を突いてハッキングされ、ホームページを含む複数ページにJavaScriptのコードが挿入された。冗談めいたメッセージがポップアップで表示され、ソーシャル型ニュースサイトのDigg.comにリダイレクトされるようになっていたという。

 F-SecureのブログではハッキングされたNetscape.comのスクリーンショットを掲載。今のところ悪質コードは挿入されていないと報告している。

 攻撃者はDiggのファンと見られるとF-Secureは指摘。Netscape.comでは、Diggのようにユーザーの投票によってニュースをランク付けして表示する仕組みを取り入れている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.