ITmedia NEWS >
ニュース
» 2007年04月11日 19時33分 公開

FONの国内AP、1万を突破

ユーザー同士で無線LANのAPを共有するプロジェクト「FON」の国内アクセスポイントが1万カ所を突破した。世界ではドイツ、米国に続いて3番目に多い。

[ITmedia]

 ユーザー同士で無線LANアクセスポイント(AP)を共有するプロジェクト「FON」を国内展開するフォン・ジャパンは4月11日、FONのアクセスポイントが3月30日付けで1万カ所を突破し、4月8日現在で1万690カ所になったと発表した。

 APは北海道から沖縄県まで日本全国にあるが東京都内が最も多く、次いで大阪府、愛知県と大都市圏に集中しているという。世界ではドイツ、米国に続いて3番目に多い。

 FONはスペインで始まったプロジェクトで、ユーザーが自宅に専用ルータを設置して無線LANのAPを開放する代わり、他ユーザーのAPを利用できるという仕組み。国内サービスは昨年12月5にスタートし、ISPと提携したり、他ハードとセットで販売するなどしてユーザーを拡大してきた。12月末までに国内7万5000カ所のAP設置を目指す。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.