ITmedia NEWS > 企業・業界動向 >
ニュース
» 2007年08月16日 07時59分 公開

DIRECTV、電力線ブロードバンドを提供へ

衛星放送のDIRECTVがCURRENT Groupと提携。CURRENTのネットワークを経由して、電力線ブロードバンドやVoIPサービスを顧客に提供していく。

[ITmedia]

 衛星放送の米DIRECTVは8月15日、電力線ブロードバンド(BPL)の米CURRENT Groupとの提携を発表した。提携によりDIRECTVは、BPLモデムをコンセントに接続するだけで利用できるブロードバンドおよびVoIPサービスを顧客にバンドルして提供できるようになる。

 DIRECTVは、まずCURRENTが米テキサス州に持つBPLネットワークを利用して、新サービスの提供を開始する。同地域のネットワークは、今後数年で180万世帯をカバーする見通しだという。CURRENTがBPLネットワークを他地域に展開するに伴い、DIRECTVもサービス提供範囲を拡大する予定。

 新サービスの提供開始は、年末から2008年初頭となる予定。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.