ITmedia NEWS > セキュリティ >
ニュース
» 2007年08月28日 09時04分 UPDATE

MSのGenuine Advantageサービスに障害、一時認証不能に

Windowsソフトが正規のものかどうかを判別するサービスに障害が発生、Windows Vistaなどの認証が一時処理できなくなった。

[ITmedia]

 Windowsソフトが正規のものかどうかを判別するMicrosoftの「Windows Genuine Advantage」サービスに障害が発生し、Windows Vistaなどの認証が一時的に処理できなくなった。Microsoftによると、サービスは既に復旧済みだという。

 同社Windows Genuine Advantageのブログに27日付で掲載された情報によると、認証サービスに障害が起きたのは米国時間の24日午後。Microsoftのフォーラムやサポートサービスには、Windows Vistaの認証に失敗したという問い合わせが相次いだ。しかし、翌25日には問題の分析を済ませて解決し、認証が適切に処理されるようになったという。

 影響を受けたシステムは世界で1万2000台以下で、その多くは既に再認証を済ませているとしながらも、Microsoftはこれを教訓として、再発防止に努めると表明している。

 Windows Vistaでは、認証を受けないと利用できないWindows Aero、ReadyBoost、Windows Defender、Windows Updateなどの機能が影響を受けたが、今回の障害が原因で30日の猶予期間が終了し、制限機能モードに入ってしまったユーザーはいないとMicrosoftは説明。再認証を受ければこれらの機能も平常に戻り、認証失敗を告げるデスクトップメッセージも消えるとしている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.