ITmedia NEWS >
ニュース
» 2008年05月09日 16時52分 UPDATE

PRADAケータイ、日本で使うのはどんな人?

「PRADAケータイ」が、ドコモから6月に発売される。フルタッチスクリーンでiPhoneのような端末だ。

[宮本真希,ITmedia]
画像 The PRADA Phone by LG サイズは101(高さ)×54(幅)×12.7(奥行き)ミリ。重さは92グラム

 韓国LG Electronicsは、イタリアの高級ブランド「PRADA」と共同開発した携帯電話を、NTTドコモ向けに6月に発売する。タッチスクリーンを採用し、付属のスタイラスで画面をタッチして入力する仕組み。これまでに世界40カ国で80万台を売り上げており、日本でも「20〜34歳のトレンドセッター」に訴求していく。NTTドコモが販売する。価格は未定。

 商品名は「The PRADA Phone by LG」(L852i)。ブラックボディに3インチのタッチスクリーンを搭載したiPhoneのようなデザイン。テンキーはなく、指などで直接画面をタッチして入力する仕組みだ。HSDPAに対応し、通信速度はこれまでに世界で発売した“PRADAケータイ”の中では最速という。


画像 メール入力画面
画像 文字やイラストを書いて画像として保存できる機能もある
画像 メニューアイコンはPRADAがデザイン

 昨年3月に欧州で発売した。日本市場への投入が遅れた理由は「最も洗練された市場である日本で、ユーザーの高いニーズに応えるため、テストを重ねてきた」(LGのチャン・マ副社長)ためという。

画像 専用ケースも付いている

 PRADAグループのジャコモ・オヴィディビジネス開発ディレクターも「グローバル向けに発売した端末を、日本の好みに合ったものに変えて投入する」と説明。日本向けPRADAケータイには、タッチ入力のための専用スタイラスも付け、メールをよく利用するユーザーが文字入力しやすいよう配慮した。

 画面上部にはPRADAのロゴをあしらったほか、PRADAのファッションショーを手がける音響スタッフが制作した着信メロディや、PRADAのロゴ付き待ち受け画像も内蔵。PRADAがデザインしたメニューアイコンを採用した。サイズは101(高さ)×54(幅)×12.7(奥行き)ミリ、重さは92グラムとコンパクトだ。

 購入者には、ドコモの袋ではなく、PRADAの紙袋に入れて手渡す。PRADAロゴマーク付きの専用ケースも付けるなど、PRADAプランドを全面に押し出した。

 ヨーロッパでは600ユーロ(約9万5000円)で販売しており、日本での価格も同程度になる見込みだ。「たくさん数を売ろうとは思っていない」(チャン・マバイスプレジデント)といい、「ターゲットは20〜34歳がメイン。携帯端末を自己表現のツールに使っているようなトレンドセッターに、かつてないユーザー体験を提供する」としている。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.