ITmedia NEWS > 科学・テクノロジー >
ニュース
» 2016年06月07日 11時39分 公開

「宇宙ごみ」を大気レーダーで観測、サイズや軌道を推定 京大が成功

地球の大気を観測するMUレーダーを使い、宇宙ごみのサイズなどを捉えることに成功したと京都大学の研究グループが発表した。

[ITmedia]

 京都大学は6月6日、通常は地球の大気を観測するMUレーダーを使い、使用済みのロケットや人工衛星の破片などの「宇宙ごみ」のサイズを捉えることに成功したと発表した。宇宙ごみの分布モデルの構築や、除去方法の研究に役立てるという。

photo MUレーダーで宇宙ごみの状態を推定

 現在、地球の周囲には、10センチ以上の宇宙ごみが2万個以上存在するという。数センチ程度の大きさでも、秒速8キロほどの速さで飛んでいるため、運用中の宇宙ステーションや人工衛星に激突して被害を引き起こす可能性がある。近年は、宇宙ごみ同士が衝突すると、より小さな宇宙ごみが発生し、全体のごみの数が劇的に増えていく――という「ケスラーシンドローム」も懸念されている。

 京都大学生存圏研究所の大気観測用のMUレーダー(周波数46.5MHz、波長6.45メートル)を使用し、高度数百キロを飛び交う宇宙ごみを捉えた。レーダーと同程度の波長のごみのサイズ、回転の向き、形などを推定できたという。

 同大学のレーダー以外にも既存の観測装置に技術を応用することで、宇宙ごみを観測する能力の向上につなげる考えだ。今後、状態や軌道の推定精度を向上し、10センチ以下の微細なごみの分布モデルの構築、除去方法の研究にも役立てるとしている。

 成果は「日本航空宇宙学会論文集」6月号に掲載された。

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.