ITmedia NEWS > STUDIO >
ニュース
» 2016年08月01日 17時18分 公開

「LINEやTwiterはギスギスしがち」――動画共有アプリ「Sunnychat」、Supershipが提供 「ポジティブな会話のきっかけを作りたい」

KDDIのグループ会社・Supershipが、スマホ向けの無料コミュニケーションアプリ「Sunnychat」の提供をスタート。最大約5秒の動画を友人と共有し、その動画をきっかけにチャットを始められる。

[片渕陽平,ITmedia]

 KDDIのグループ会社・Supershipは8月1日、スマートフォン向け無料コミュニケーションアプリ「Sunnychat」(iOS/Android)の提供を始めた。最大約5秒の動画を友人と共有し、その動画をきっかけにチャットを楽しめる。「日常の中で重要度の高い話題を会話のきっかけにするのではなく、まず動画を共有し、雑談感覚で会話できる」(同社)のが特徴だ。

photo Sunnychat

 利用するには、ホーム画面から「ムービーアイコン」をタップし、最大約5秒の動画を撮影。動画にメッセージやスタンプを添え、共有したいメンバーを選んで「グループチャット」を作成して共有する。グループチャットでは、動画を見たユーザー同士でメッセージやスタンプを送り合える。

photo 最大約5秒の動画を撮影
photo 動画にスタンプやメッセージを書き込む
photo

photo 共有したいメンバーを選び「グループチャット」を作成
photo 動画を見たユーザー同士でメッセージを送れる

 Supershipは、昨年11月にnanapi、スケールアウト、ビットセラーの3社が合併したKDDIのグループ会社。広告配信プラットフォーム事業を中心に手掛けてきたが、Sunnychatで新たにアプリ関連サービスに踏み込むという。

 「LINEやTwitterなどでのやり取りは非常にギスギスしがち」――Supershipの古川健介 新規サービス開発室長は、現状のメッセンジャーアプリの問題点をこう指摘し、改善したいと話す。「言語だけのやり取りだと、ネガティブな感情が広がりやすい。言語よりも先に動画で今の状態を伝えることで、ポジティブな会話のきっかけを作れる。そんなサービスを目指した」(古川室長)。

 一方、メッセンジャーアプリや動画共有アプリは、競合するサービスが先に高いシェアを得ると、後発サービスが参入しにくい面もある。Supershipの森岡康一社長は、現時点で収益化のめどやユーザー数の目標は定めず、実際にアプリをユーザーに触ってもらうなどして「ユーザー獲得のため、地道な努力を進める」と話している。

photo 左から、古川健介 新規サービス開発室長、森岡康一社長

Copyright © ITmedia, Inc. All Rights Reserved.